サッカラ

Excite エキサイト : 芸能ニュース
c0024167_1721215.gif昨年母校の泊園記念講座で、吹田浩先生の講演を聴いた。

講演は大変面白いものだった。それからしばらくは古代エジプト史の書籍を読んだりした。その吹田先生が発掘で活躍されているのがこのミイラの発見されたサッカラである。名称は「日本・エジプト合同マスタバ・イドゥート調査ミッション」
サッカラは有名なギザからやや離れたところにあり、やはり貴重な遺跡の宝庫ということである。
この「日本・エジプト合同マスタバ・イドゥート調査ミッション」で調査されているのは第6王朝(前2360年頃)のものである。
で、今回の記事が第30王朝ということで、手元の資料で調べてみると、紀元前380~332年とのこと。この王朝に時にアケネメス朝ペルシャの侵攻を受けて、エジプト人による独立王朝は幕を閉じたと言う。
しかし、サッカラの遺跡、第6王朝から30王朝までをざっと見渡して約2000年!
エジプトの歴史の長さには驚かされる。
by garyoan | 2005-05-05 09:28 | 奇譚異譚歴史譚
<< 人目を気にしよう! 惻隠の心 >>