蛇谷ガ峰 霧と熊?(3)

c0024167_7385432.jpg下山ルートをカツラ谷に取ったのは大正解だった。渓流と滝が霧の中、美しく楽しい。仙境に遊ぶ思いで、無理せずゆるゆると降りていく。
c0024167_7365094.jpg

前回に懲りて靴を買い換えたのだが、これも大正解。ショップの店長さんに感謝する。
本格的な谷のルートが終わると、自然歩道のようになるが、ここからは正直単調。風も止み、蒸し暑さも感じる。

c0024167_7372385.jpg
結構ここからが長かったが、午前11時過ぎにふれあいの里に下山。登山口には案内所があり、時間によっては係りの人がいるようだが、無人だった。「そうかこっちからがメインルートなんや」とカツラ谷の景観を思い出しながら納得。案内書を通り抜けようとして驚く。案内書に「熊に注意」の看板が。
ひょっとしてあの「ばさばさ」って、熊だったのか?段々、恐怖が来る。
そのせいか駐車場までの道を迷ってしまった。駐車場で靴を履き替え、温泉てんくうへ。
c0024167_7374069.jpg

料金は600円。プールも使用すると高くなるが、お風呂だけで十分。源泉湯があったので入るが、なんと水。一瞬飛び上がる。わかし湯だったのだ。しかし、せっかくなので、下半身を浸してクールダウン。
湯上りに体重を量ると、77.1kg。約1.5kg減。また戻るだろうが、上出来だ。湯上りにくつき牛乳を飲んだがものすごく美味しかった。お勧めである。
帰路、道の駅で食事しする。京都大原あたりで雨が降りだす。雨にあわなかったこともラッキーだった。
午後3時前には帰宅。郵便物などを整理していると書留が到着。前日のストレスの元だった事がある程度解決し、ますます爽快な山行となった。
by garyoan | 2005-05-20 07:37 | 私はやせる
<< 落語と餃子 蛇谷ガ峰 霧と熊?(2) >>