あのドラマ面白かったか?

「新選組!」来年1月続編放送
c0024167_1255689.gif大河ドラマ「新撰組!」だが、途中で見るのをやめた。幕末マニアの私がやめたのだから、よほどだと思ってもらいたい。「作りこみ」が多すぎる。やっぱり、本当の歴史にはドラマはかなわない。歴史小説も史実に近づけば近づくほど面白い。司馬遼太郎作品が優れているのはそのせいだと思う。
そもそも新撰組と言う集団は分裂と内部抗争を繰り返したテロ集団であり、それゆえに幕末と言う暴力至上の時代に咲いたアダ花である。彼らに大義とか理念などを注入して、そういう面でのヒーローに仕立て上げること自体が限界を超えている。
大河「新撰組!」続編にはもちろんまったく期待しないが、新撰組以降の土方歳三と言う人物には大変な魅力を感じている。近藤勇の刑死、そして榎本武揚らとの出会いで土方は優れた軍事リーダーの資質を結実させつつあったと私は思っている。
確かに心情的には新撰組の旗を背負って最期を全うしたが、土方自身は確実に自身を近代化していたと思う。
こうした点をいつか描ききるドラマに出会いたいとは思うが、三谷幸喜ではかなわぬことだろう。結局、彼の描く世界は現代社会でしかない。思い切って前衛でそうしているのではない。歴史的な知識がないから、「わざとしたような見せ掛け」をしているだけなのだ。

しかし、NHKの言う「「放送が終了し、半年経過した今も手紙やメールで続編の要望が届き、500件になった。」と言うのは大きな反響なのか?今回のプロジェクトX事実捏造問題(淀川工業グリークラブのこと)での批判はもっともっと多いと思う。じゃ、プロジェクトXもやめればと思った。
by garyoan | 2005-05-26 12:25 | 奇譚異譚歴史譚
<< ダイエットに王道なし 動物アイドルはやっぱ「オリバー君」 >>