リトル比良よれよれ縦走(3)

c0024167_858512.jpg変った石を登り、あるいは巻いて、尾根を行っく。上り下りになり、下りで膝が笑い出す。やっぱり鍛錬不足。
とりあえず岩阿砂利山で11時になりそうなので、昼食と大休止とすることにする。
予定通りに岩阿砂利山に着く。
c0024167_991177.jpg

ところが、展望もなく、蒸し暑い。岩にもたれて昼食をしていてもハエがよってくる。春夏の山はこれがうっとおしい。
結局、15分ほどの休止で先へ進む。鵜川越で、車道をまたぐ。必要な道路かも知れないが、ちょっと興ざめ。鵜川越から再び登りだして、嘉嶺ケ岳、滝山を越えるが、やはり展望はなし。ぶなの木立の道は楽しいが、段々厭きも来る。贅沢だと思う。
c0024167_9201572.jpg

思ったより早い時間に寒風峠に至る。道標にシャカ岳の名前がある。懐かしい名前だ。
c0024167_9271313.jpg

ここまで来てかなりほっとした。後は北小松まで下るだけだ。
by garyoan | 2005-06-03 09:27 | 私はやせる
<< 理論破綻している小泉 リトル比良よれよれ縦走(2) >>