理解不能

<靖国参拝>衆院議長が首相と会談、慎重対応求める
河野議長が首相と面談して靖国神社参拝に自粛を要請したと言う。三権の長同士とは言え、異例のことだ。議長は既に首相経験者と面談の上、万端整えた上での会見であり、相当の決意があったものだと思う。
小泉首相の対応は低調というか、意味の分からないものだった。
 「中国の胡錦濤国家主席や温家宝首相、韓国の盧武鉉(ノムヒョン)大統領にも自分の考えを申し上げてきた。理解を得られていると思っている」
とは、危険な発言である。相手からの反発反論は目に見えている。『理解していない』『理解できない』と言うだろ。そう言われたらどうするつもりか?
ますます、抜き差しならないことになるだろう。
いっそのこと、反論のあった場合、首相は「説明させていただきたい」と飛んで行って会見すればどうだろうか。
北朝鮮訪問と同じくらいのサプライズになり、支持率上昇も間違いなしだが・・・。
by garyoan | 2005-06-08 07:13 | 酔郷から
<< 長嶋茂雄はガンダムプラモ ヴァームはどうなるのぉ? >>