当庵主人はイスラムびいきだが・・・

イラン大統領選、1979年のイラン革命以来初の決選投票へ
サッカーワールド杯予選、イランでのアウェイの会場を中継で見て驚いた。ホメイニ師らの肖像の後ろにそびえる白亜の峰。まさに神々の座にふさわしい。そして、試合前に流れるコーランの独唱。いやあ・・・感動した。
試合は残念ながら日本が敗れた。そのせいでもないだろうが、イランのサポーターは熱かったが礼儀正しかった。(むしろふがいない味方チームにブーイングをしていたほどだった)
そんなイラクで行われた大統領選挙でひとりの候補者が過半数に満たなかったため決戦投票が行われるという。奥の奥、裏の裏ではなにかあるかもしれないが、結構な民主主義である。

サッカーの話しに戻ろう、アジア杯では中国が悪乗りし、ワールド杯では北朝鮮が暴走した。で、どちらもまともな選挙が行われたこともない国である。

スポーツは民度を量るバロメーターなんだなと、ふと思ってしまった。
わが国からは遠いがイランという国、もっと大切にしても良くはないか?
いろんな意味で長期的投資をする価値はあると思うが・・・。
by garyoan | 2005-06-19 00:33 | 酔郷から
<< モルモンの投機的宗教生活 「飲まな、やっとれんわい」 >>