死人に口なし

警官発砲し、男が死亡 任意同行中に暴れる
おかしい!

「大間々署によると、2日朝、群馬県勢多郡東村で住居侵入事件があり、通報で駆けつけた巡査部長2人が男に任意同行を求め、パトカーに乗せて同署に向かう途中だった。」
犯人をパトカーに乗せた分けだ。
そして、

「男がパトカー車内でナイフを持って暴れたため、巡査部長(48)が拳銃を2発発射」
となるわけだ。

別の記事(毎日新聞)では以下の通り

「(男が)後部座席で突然暴れ、隣に座っていた大間々署の巡査部長に刃物で襲いかかった。運転していた別の巡査部長がもみあいに気付き、制止しようとしてパトカーを止め、後部座席のドアを開けて男に向け拳銃2発を発砲。弾丸は男の左肩に2発とも命中」

とある。
この警察官、どうやら住居侵入の容疑者を身体検査もせずにパトカーに乗せたようである。これはなんとかならなかったのか?任意同行とはいえこうした状況では持ち物のチェックをするというようなマニュアルはないのか?なかったら問題だろうし、それを実施しなかったらもっと問題だ。

それで、暴れだしたので、後部ドアを開けて、突然発砲。
まあ、危険が迫っているのだから、仕方ないかもしれないが、問題はこの場合、この場所には死んだ男とふたりの警察官しかいなかったと言うことだ。

「発砲した巡査部長はパトカーを停車させ車外に出て、ドアを開け男に抵抗をやめるように警告したが、従わなかったという。
 同署は「2度警告して撃っているので、適正な使用だったと考えている」としている。」

簡単に断定していいのか?
警官同士のかばいあいがあるかもしれない。本当に発砲やむなしの緊急事態だったのか。いや、2度の警告がちゃんと発せられていたのか。
身内だからこそきちんと調べるべきである。

JR西と結び付けるのは適切ではないかもしれないが、安易な結論の発表には組織防衛の意識が働いていると思ってしまう今日この頃でもある。
by garyoan | 2005-07-03 10:30 | 酔郷から
<< いまさらの郵政民営化の話 モルモン教を考えるメールマガジン >>