哀愁の夫婦宣教師(3)

c0024167_22305344.jpg突然の老夫婦宣教師の迷惑訪問を受けた友人のところに、教会の監督から手紙が来た。
友人が既に脱会していると言うことだったが、脱会届が出ていないようなので、脱会するつもりなら改めて届けを書いて提出して欲しい、というものだった。
しかし、「脱会したかどうかが分からないので、念のため届けを出してくれ」とはなんとも人を舐めた話しである。つくづくおかしな団体である。まあ、勢力を拡大していると豪語する背景にはこうしたでたらめな会員数があるのだが。
こんな風に脱会届をきちんと処理せず、放置したり、握りつぶしたりするのは、モルモン教では当たり前である。ところがこうしてトラブルになると大慌てで処理をする。

結局、友人はその日の内に脱会届を提出した。
届けは監督が受理した後、ステーク会長経由で東京の管理本部に書類が転送され、登録抹消の手続きとなるのである。なんとも、のんびりした話しだ。

ちなみに信仰を失った宗教団体から離脱するのに書面は不要である。口頭で伝えればそれで十分であるし、団体は直ちに処理をしなければならない。

ところが、モルモン教は届出からひと月の猶予を設けている。これも本当はおかしい。

このブログを読んでいる人の中にはモルモン教を辞めたと思っている人も多いだろう。ところが、モルモン教はあなたを辞めたとは思っていない。
住所が変り結婚して姓が変ってもあなたの行き先を追跡している。
あらゆる手段を使って個人情報を漁っている。


覚えのある方はこの際、きっぱりと脱会してしまった方が良い。

会員でなくても英会話などで住所、連絡先などを宣教師に教えてしまった人もモルモンになる気がないならデーターを抹消するように、はっきり申し入れる方が良い。
by garyoan | 2005-07-15 22:31 | モルモン教
<< 11ヶ月の長丁場 「信仰が人を殺すとき」:文芸春... >>