辻元さん、出るんだね

<衆院選>辻元氏に公認で出馬要請へ 社民党大阪府連
昨年の参院選、天王寺駅前で辻元さんの街頭演説を聞いた。
お詫びの言葉から始まって、目もうつろ、かつての勢いがなかった。同行していた妻は「昔のような迫力がないね。出た以上はもっとはっきり物事を言ったほうが良いのに」とコメントしていた。確かにそんな状態だった。
それから長野の田中知事が応援来阪され、徐々にむかしの勢いを取り戻しつつあったが、タイムアップのように、次点となった。

それから、辻元さんの行動には注目してきたが、市民との対話集会など原点に返った活動にいそしまれてきた。尚も執行猶予期間中であるが、返済すべきものは返済し、同義的責任は果たしたと私は思う。

辻元さんの考えは現実的ではないと思う点もある。しかし、護憲、平和の元気な論客が必要な時勢であることも事実である。
社民党で行くのか、無所属か、それとももっと別の道か、それは分からないが、辻元さんの国政復帰を私は心から望んでいる。
by garyoan | 2005-08-11 18:34 | 酔郷から
<< 懲罰とはいえ無節操過ぎる! 有権者はどこ行った? >>