結果は大阪人にまかしとき!

辻元氏が社民党から出馬 16日に大阪・高槻で会見
明日高槻で記者会見するそうだ。福島党首も来るそうで、このふたりのツーショットも久しぶりだ。
しかし、ブロガーたちの辻元嫌いはなかなかのものだ。正直なところ、どうしてそんなにヒステリックになるのか分からない。ダメなら有権者が落とすだろう。大阪の選挙民はシビアである。
かつての中選挙区制の時には大阪は自民空白区になったことがある。社共共闘の革新知事黒田了一を東京(美濃部知事)に呼応して生んだこともある。当時の現職運輸大臣を落選させたこともある。
大阪の選挙は「面白い」のだ。ただ、お笑い系が多いが・・・。余談だが知事選か何かの選挙のときに吉本興業に「候補者は?」と言う取材が入ったそうである。「うちは政党ちゃいます!」と答えたという。ホンマかネタかはわからないが。辻元さんも政界を去った時に吉本入りが噂になったなあ。

昨年の参院選での次点落選も大阪の有権者のシビアな結果だったと思う。辻元さんにとっては良い裁定だったと思う。
単純に数字を追うと、その参院選での大阪10区での獲得票数は総選挙での獲得票を超えていたと聞いた。数字だけから考えれば有力候補ではある。立候補に当たっての公約などは明日になるのだろうが、批判に耐えうるだけのしっかりしたものを出して欲しいと思う。

最後に昨年の参院選後に出された辻元さんのメッセージから一部を引用する。

批判や罵声もありました。私はすべての声を謙虚に受け止める姿勢を貫きたいと考えていました。今後、参考にさせていただくご批判もあります。しかし、演説場所などで私をわざと攻撃したり、私が過激派だという誹謗・中傷を流している組織の人たちもいました。数百枚のポスターが破られました。今までの選挙以上に執拗ないやがらせがありました。このような選挙妨害に対しては、法的なものも含めて対応すべきだとの意見も寄せられています。
by garyoan | 2005-08-15 15:13 | 酔郷から
<< 人選ミスだぁ 終戦記念日イヴ >>