証人喚問 ウォーキング

耐震偽装関与を全面否定 総研所長を証人喚問
仕事しながら証人喚問を見ていた。第3ラウンドの内河証人、この人物、明らかに時間消費を狙っていた。
段々イラついて来たので、ウォーキングに出かける。カードラジオでNHKを聞きながら、せっせと歩く。寒さを紛らわすためと、のらりくらりの答弁への怒りでペースが上がる。

しっかり、1時間のウォーキングが終わる少し前に尋問も終わっていた。

しかし、姉歯はまだましとはいえ、皆が卑怯な時間稼ぎねらった「くどくど回答」に終始していた。その一方で議員連中は時間厳守。これはなんとかならないのか?!

サッカーでも遅延行為にはイエローカードが出るだろう。ロスタイムもあるだろう。
質問に関係のない回答には時計を止めるべきだ。
ばんばんロスタイムを取って、真相究明まで帰らせてはいけない。

ロスタイム制度を導入すべし!
by garyoan | 2005-12-14 21:59 | 私はやせる
<< はじめはレジ違算 ソルトレークからの手紙 >>