母校のこと

私が育ったのは大阪の北区だ。結婚して家を出て、その住んでいた家も売られて今はなく、そこからはなんと温泉が湧いている。
通学していた小中高の学校も北区内にあった。
小学校が済美(せいび)小学校、中学校が扇町中学、高校が扇町高校だった。中学と高校は単に名称が同じなだけで関連はない。また、扇町商業という別の高校もあった。すでにこれだけでもややこしいのだが、済美小学校が16年に他校と統合され新たに扇町小学校が出来た。
その一方でで扇町中学が統合され名称がなくなった。

今後は出身学校を説明するのが大変だ。

そして、高校は存続しているものの18年は普通科の募集を終了すると言う。そして2年後には西九条に移転すると言う。(現在は中之島ある)


いずれも場所が場所だけあって、統廃合移転もやむないとは思うが、この種の母校の変革はなんともさびしいものだ。

小学校も中学校も建物は残されているようなので、カメラを持って訪れてみようと思う。
by garyoan | 2006-02-20 08:28 | 酔郷から
<< 熟年離婚は難しい 山を想えば・・・ >>