赤萬の餃子

c0024167_18134518.jpg神戸の元町まで仕事で出向いた。(最近神戸方面がつづくなあ・・・)
南京町を歩いてみようかとも思ったが、次の予定が詰まっていたので、あきらめた。
でも、赤萬には立ち寄って、生餃子を買った。
間もなく今夜のおかずで出てくる予定だ。

赤萬を教えてくれたのは、大学を出て就職した先の会社の上司だった。
私は大阪市内在住だったが、神戸に配属された。どうもその理由が阪神神戸の採用枠が足りなくて、一番梅田大阪駅に近い私を神戸に持って来たということだったようだ。

神戸支社は高速神戸駅前にあって、私は阪急電車の特急で通勤。私の営業テリトリーは尼崎だったので、朝礼を終えると、大阪方面にとって帰す。夕刻までみっちり営業して、再び高速神戸へ、残務を終えると、阪急電車で梅田の自宅へ・・・。
今思うと全く無駄なことをしていたものだと思う。

赤萬の餃子はあの頃から変わらない。震災で一時しまっていたと聞くが今も元気で営業している。三宮、元町に行くと必ず買って来てしまう。
by garyoan | 2006-02-23 18:15 | 仕事の思い出
<< 寒中梅 勘違い オーケストラに例えた >>