使えないタクシー

27日(もう明日だが)山行のために早朝タクシーを頼むことにした。
始発電車に間に合わせるためである。電鉄会社直営の地域では最大手のHタクシーに電話をした。住所を伝え、
 「5時17分の電車の間に合わせたいので、それに合わせて迎えに来て欲しい」
と言うと、
 「ぎりぎり、間に合うと思いますわ」
と言う。何を言っているのか分からない。こちらがは余裕を持って仕度すれば言いだけのことなのだが、
 「何時に来てくれるの?」
尋ねると、
 「まあ、間に合うと思いますよ」
と言う。ますますわけが分からない。詳しく聞くと、結局のところタクシーの出動時間が午前5時からで、その時間に営業所を出て、こちらに向かうので「ぎりぎり」と言うことのようだ。だったら、最初からそれを言え!!
 「そんなんやったら、結構ですわ」
怒って電話を切った。
思い出せばこのHタクシー(念のため言っておくが人気球団を保有している会社の方ではない)、昔から融通が利かなかった。私が働いていたホテルがこの会社と契約を結んでたのだが、深夜早朝の迎車には全く対応してくれなくて困った。
宿泊客が早朝チェックアウトでタクシーを依頼されても「その時間はいけません」で終わりである。無線センターも早くしまっていた。深夜タクシーで帰宅しようとしてタクシーを手配しても「営業は終了しました」の留守番コールが流れる。
新婚さんが2次会3次会で遅くなり、ホテルに帰って来る。明日は早朝に空港に行って新婚旅行に出かける。フロントでモーニングコールとタクシーを頼まれる。ところが、タクシーの手配がつけられないのだ。
結局、他のタクシー会社に依頼することになる。関協タクシーには特にお世話になった。厳しい時間の配車ばかりをお願いしていた。しかし、契約外のタクシーを呼んでいることが上昇部にバレると大変だ。「宿泊課はなに勝手やってるんや!」となる。お客様の都合など無視である。「そういうケースではお客さんが勝手に呼べば良い、電話番号ぐらいは教えてやれ」と言うのである。
全くアホな話しである。
もっともそれからは上層部に向かって「ああ、あのタクシーですか。お客様が勝手に呼ばれたのでしょうねえぇ」と言う言い訳が横行したが。
もう一社無理の利くタクシー会社があった。それはH電鉄系のHタクシーではなくて、Hバス系のTタクシーだった。
こちらも大変融通が利いた。同じHグループでもずいぶんな違いである。会社の規模もずっと小さいのでそのぶんがんばらないといけないのだと言っていたが。

そんなわけで電話を切ったあと、Tタクシーに電話した。
 「じゃあ。5時でよろしいですか。マンションですね。下で待っててくださいな」
と、あっさり予約完了。

で、今朝(26日)のことである。さっき電話がかかって来た。
 「Tタクシーですが、ご予約の時間ですよ」
と、
 「ええ?!27日、月曜日で予約してるんですが!!」
と、慌てる。向こうが手配ミスしたようだ。しかし、Hタクシーの対応が悪かったせいで、かえってこちらが恐縮してしまった。
by garyoan | 2006-02-26 05:43 | 仕事の思い出
<< 山でラーメン 寒中梅 勘違い >>