災い転じて・・・

ホストの顔に竜の入れ墨 経営者、営業成績理由に
 刺青って痛いんでしょう。
 それも顔面に・・・。良くがんばったなあ。
 そりゃあ経営者は「自分の意思でやった」って言い訳するわ。痛けりゃにげるはずって。
 彫師さんはどうしてたんかな?どっちの依頼で受けたのかな?
 「どっちゃでも良い」って淡々と仕事を進めたのかなあ?
 でも、覚悟は尋ねただろうし、デザインを本人と打ち合わせるだろう。
 ホスト本人か経営者のどっちから料金取れるかも確認して仕事をするだろうし。
 なんか謎の多い事件だ。

 ってそんなおおげさなもんではないが。
 事件と言ってもいいもんかどうか。

 竜の輪郭が黒く彫られ、ほかの色は入っていないが、完全に消すのは困難な状態という。

 小さい頃、銭湯で途中で刺青をやめたあんちゃんとよくあった。背中にアウトラインをとってあるのだが、それだけ。ずっとそのままだった。
 子供だった私はもちろん言葉を交したことなどないが、次第にかたぎの連中からも「根性なし」見たいな白い目で見られているのに気がついた。

 そんな私の経験から言えること、いっそのこと完成させた方がよくないかなあ。
 竜がいかついと言うならまだ輪郭段階なんだから、プラン変更して、輪郭を生かして、だらっとしたネコちゃんとかにして女性うけを狙っては?
by garyoan | 2006-09-26 00:08 | 酔郷から
<< 軽いオンナ? 自主FA? >>