2005年 05月 12日 ( 1 )

蒜山ぼろぼろ山行 その2

c0024167_726187.jpg尾根筋に出れば山頂までは爽快そのものの縦走路。岡山側の展望が特にすばらしい。
中蒜山の山頂着が9時前。時間が早いせいか無人で、山頂からの展望を独占した。
c0024167_7275571.jpg
ふと携帯を見るとアンテナが3本立っている。携帯もここまで進化したのかと驚き、試しに友人に電話してみる。繋がったが、突然電話が途切れる。そのため「弁当持って来てくれ」と言うギャグをかまそうと思ったが中止。
c0024167_7273236.jpg
ここで頼みの綱のスニッカーズを2粒食べる。上蒜山からの縦走者が見える。
c0024167_7282417.jpg
ゆっくりしたいが、長居は空腹に繋がるわけで、早目に発つ。目指すは下蒜山。コースタイムでは1時間30分。
ところが、このあたりから不安が頭をよぎる。予定では下蒜山を往復して、再び塩釜に下山するつもりだったのだが、あそこを下るには膝が持たないように思えたからだ。最悪、下蒜山から引き返さず、東に犬挟峠に抜けてしまうことにした。降りれば後は舗装路何とかなるだろうと考える。上からはなだらかに見えたルートだが意外にきつい。下りでますます足に来る。足元もやたら滑る。靴が悪いのか、脚力が足りないのか。
とにかく今まで登ってきた貯金を全部吐き出す勢いで下る。尾根筋最下部のフングリ乢(たわ)に到着。ここからは登りだが、登りの方がありがたい。正直ほっとした。
ここで、下蒜山からのスイッチバックは本格的にあきらめる。
by garyoan | 2005-05-12 07:28 | 私はやせる