2005年 08月 19日 ( 1 )

したたかな売名行為

堀江氏が広島6区出馬 無所属で亀井氏と対決
ホリエモンを嫌いではない。ただ、今回の立候補については、あまり良い感想はなかったのだ。
あれだけ、ボロクソにこき下ろされた自民党に組しようとしたのが、彼らしくないと思えたし、いち国会議員であるよりライブドア社長の方が動かせる世界が大きいだろうと思った。それに、普通の議会の日ならまだしも天皇陛下が来られる時にはちゃんと礼服を着るのか?

結局、立候補するわけだが、無所属との事。
さんざん、小泉総理と面談しておいて、この判断。「賢いなあ」と感心した。
私の予想では、彼は自社の株価を横目でみながらマイペースで選挙戦をするのだろう。インターネットが選挙にどれくらい役立つかも身をもって実験するだろう。(そもそも、該当で頭を下げておっちゃんおばちゃんと握手するホリエモンをだれが想像できるか)
有権者の反応がよければ、当選しても良いと思っていが、ホンネではむしろ当選したら後ははわずらわしいと思っているだろう。反応が悪ければ、さっさと落選モードの選挙戦に切り替えて、無駄をせず、国民新党側に恩を売るだろう。

有名人なら誰でも良いという小泉選挙戦略とライブドア売名戦略とが今回は見事にヒットしたのだが、どうしても亀井を落としたい小泉と売れればなんでもOKというホリエモンとの誤差がここで出た。たかが売名行為と侮るなかれ、ここまで徹底してやれば立派なものではないかと思う。(本気で政治家になるつもりならどうしようもない道化だが・・・)

当選したら、再びリーマンから金を引っ張って来て、自民党をレバレッジド・バイアウトする?
当落に関わらず、無所属の身軽さを生かして自民党と国民新党のホワイトナイトになる?
「今回の選挙についてはこれで・・・」という感じでグリーンメールを受け取る?

なんてことをキャンティ・クラシコ1999年を飲みながら考えた。
by garyoan | 2005-08-19 18:29 | 酔郷から