2005年 08月 24日 ( 1 )

レンタル移籍

<新党「日本」>長谷川憲正参院議員が国民新党離党し、入党
どうも、政治もスポーツ化してきたなあ。
プロサッカーで言えば、レンタル移籍か・・・。サッカーの世界なら、選手にチームにもいいチャンスになることが多いから、良いのだが。部員の少ない野球部が他のクラブから部員を借りて試合にでる程度のはなしだろうなあ。
「数あわせ」を本人が認めているわけだから、理念や節度を言っても無駄だ。
以前、自民の総裁選で誰だったかが推薦人が足りないので、他の派閥から推薦人を借りて立候補するということがあった。それと同じ感覚でやっているのだから、どうしようもないだろう。
ましてや刺客とか九の一とか(テレビで福岡政行教授が刺客女性候補を『コイズミ喜び組』と揶揄していたが、適切だ!)と言う、政策抜きのゲーム感覚選挙ともなれば、こんな防御もまかり通るだろう。
確かに小泉首相のおかげで表向きは分かりやすくなった。「はい」か「いいえ」の単純な選択であり、問題をそこまで省略しきってしまって、人に提示するのである。今の世の中のひずみゆがみはそんな単純なものではない。
ひとつひとつを根気良くほぐして行かないと行けないのだ。
当然、その手法はややこしい。分かりにくくなる。
しかし、そこに「これさえやれば、万事解決!」と言う人物が現れて自信満々に語られると、つい人はそちらに賭けてみようと思ってしまう。

カルト宗教やマルチ商法にひっかかる人間がこれだ。
小泉政治の分かりやすさも来れと変らない。「郵政は改革の本丸」と言う。確かに改革は必要だが、「本丸」になんの意味があるのか?それから先の改革、たとえば年金、景気回復はサクサク進むのか?そんなはずはないだろう。「改革の是非を問う国民投票」とはまさに悪質な宗教団体(たとえばモルモン教)のよくやる論理である。だれも改革が不要とは思っていない。世間はいつでもどこでも大なり小なり改革が必要だ。答えは必ず「是」である。そして、「是」はわが方にしかないという。この二元論的論法にはまってはいけない。
しっかりと政策を考えて、選択をしなければならないと思う。
by garyoan | 2005-08-24 18:02 | 酔郷から