2005年 10月 30日 ( 1 )

「ミシシッピ=アメリカを生んだ大河」

c0024167_18502858.jpgミシシッピ=アメリカを生んだ大河」という本を入手した。アメリカ合衆国とカナダを縦断する大河ミシシッピからアメリカの歴史と文化を語ろうという大変興味深い本である。
流域の都市の歴史が語られる中、初期モルモン教の拠点ノーヴーもモルモン教の歴史とともに取り上げられている。モルモン教徒の入植の模様、教徒と住民との軋轢と闘争、教祖ジョセフ・スミスの死、そして、ユタへの脱出の模様。
c0024167_199394.jpg客観的に述べられていて、参考になる。特に、ブリガム・ヤングが何故厳寒の2月にミシシッピを渡らねばならなかったか、そしてそれに伴って起こった「奇蹟」については面白い。
そして、何よりも西部開拓の金字塔として語られるモルモンのユタへの入植であるが、実際はいささか違っていたことも、改めて述べられている。
しかし、モルモンとノーヴーという話題を抜きにしても、読んで損はない一冊だと思う。
by garyoan | 2005-10-30 19:09 | モルモン教