2005年 12月 22日 ( 1 )

雪に血が騒ぐ

すごい雪だった。ここまで降ると血が騒ぐ(笑)。
昔、雪山に登っていた頃を思い出すのだ。今日の移動は公共交通機関と決めて、山の道具を引っ張りだす。KOHLAのトレッキングポール。モンベルのスノーキャップ(耳覆い付)。傘もトレッキングタイプ。スーツで出かけないといけないので、靴は革でないと仕方ないが、ウレタン底である。
勇躍家から一歩出ると、期待通り(?)の銀世界。

c0024167_18254183.jpg

もたついている自動車たちの渋滞群を尻目にモノレールの駅へと急ぐ。
券売機には長蛇の列。並ぼうとしたところ、駅員が「下車駅清算券」なるものを配りだす。「お急ぎの方はこれでお乗り下さい。下車先で清算できますので」と叫んでいる。気が効くもんだと受け取ったものの肝心のモノレールが5分遅れ。空中を走っているのになんじゃいな。
しかし、駅から先の景色は見事なホワイトアウトだ。
c0024167_18264046.jpg


乗り継ぐ電車も軒並み遅れている。予定先は能勢方面。案の定すごい積雪だ。

c0024167_18301315.jpg


写真は大阪青山短期大学歴史文学博物館。雪に煙って本物の城のようだ。
c0024167_18303172.jpg


用を済ませて、次は西宮方面へ。早め早めに動いたので、電車の遅れも気にならなかったが、ここで約束の相手が1時間半の遅れ。「車が渋滞して・・・」と言い訳の電話が入るが、そんなもん、当たり前や!!

少し前、無事帰宅。
by garyoan | 2005-12-22 18:35 | 私はやせる