2006年 04月 11日 ( 1 )

怠慢だ。でも、良く分からない

c0024167_629227.jpgモルモン教からの脱会のお手伝いをしている。
さすがにカルト集団。なかなか、すんなりとは除籍してはくれない。少し前にこんなことがあった。
姉妹でモルモンだった方が姉さんの方が脱会を決意し、教団本部に脱会届を提出、これは比較的すんなりと処理された。続けて妹さんも脱会届けを提出した。ところがこれが2月経ってもなんの音沙汰もない。姉さんが本部に問い合わせると、妹さんの所属する教会の監督に脱会届は転送済みである、と言う。本部とすれば監督の決済がないと除籍できないというのだ。これもおかしな話であるが、モルモン教はそういう仕組みで動いている。
既に2ヶ月も経過しようとしているのにどういうことだ、と抗議すると、「監督さんもお忙しいのだと思います」との返事。要するに本部も、この監督の怠慢に迷惑しているのだ。「どうしてこちらがそんなクレームを受けないといけないのだ」と思っているのだ。
結局、本部の担当者はその監督の氏名と連絡先を姉さんの方に教えてくれた。姉さんが直接、連絡を取ると、「届けを止めていました。すぐに書類を送って手続きします」とのことだった。なんともいい加減なものだ。
そんな調子だから、口では言ってもちゃんとやってくれるか不安である。そこで、本部に連絡し「妹は留守がちなので、脱会処理が済んだら私に連絡して欲しい」と要請した。ところが、担当者がこう言った。
「あなたは既に脱会して、教会からの祝福を棄てられたのだから、そうした連絡をすることはできません。妹さんにだけ連絡します」
とのこと。
肉親が代理になって連絡を受けることは「祝福」とかとは関係ないと思うのだが、いったいどういうことなのだろう。
「モルモン教からの脱会は祝福だから、辞めた人間にはそんな良いニュースは教えて上げないよ」
そういうことか?
良く分からないが、どちらも怠慢である。
by garyoan | 2006-04-11 06:55 | モルモン教