2006年 06月 29日 ( 1 )

米子へ出張(?) その3

  あいにくの雨模様で大山登山はあきらめたが、あちこちをドライブして、皆生温泉のホテルに到着して、一風呂浴びる頃には雨も上がっていた。ホテル目の前の海岸線、遊歩道を散歩に出かけた。皆生温泉は日本のトライアスロン発生の地だそうで、記念のモニュメントが立っている。遊歩道を見るからにトライアスリートのかっこうをした人がジョギングしている。地元の人のウォーキング。浜辺では犬の散歩や魚釣り。
 浜辺に下りて振り返ると、大山がその名の通り大きい。向こうは雨なのだろう、色彩はなく、輪郭が浮かぶ。モノクロームの姿が荘厳さをましている。
 
c0024167_3325855.jpg

c0024167_3345646.jpg

c0024167_3382554.jpg
右大山、左が孝霊山

 大山の景色を堪能した後、部屋にもどり、灯りもテレビもつけず、窓から海を眺める。日中はあいにくの天気で左手に境港、美保関がおぼろに見えていたのが、暮れなずんで行くと泊まり灯が浮かび上がり、海岸線が明瞭になって行く。
 ただ、眺めながら、例の目玉親父の酒を飲む。結局、飲みつくしてしまったことはその1に書いた通り。
 すっかり暮れてしまってから夕食。そこでも飲んでしまい。汗を落とさずにそのまま寝てしまった。

 翌日は現世にもどって朝一番から米子で仕事。まっすぐ大阪にもどってまた、仕事。
 疲れを取るために自宅近くの日帰り温泉に行こうかと、まじめに考えた。
by garyoan | 2006-06-29 03:39 | 酔郷から