2006年 08月 09日 ( 1 )

薬師岳→立山室堂縦走(2)

 太郎平へは木道となんと言うのだろう木枠のなかに石を敷き詰めたやたら歩きにくい「舗装路」がたんたんと続く。ルートの左右の植生を守るためだと思うが、あまり良いアイデアとも思えない。景色、花はきれいなのだが、歩くこと自体は楽しくない。
c0024167_842916.jpg
 
c0024167_842341.jpg

 夜行バスで長梅雨のせいで高山植物は遅れ気味で、ちょうど今が見ごろではないか、とドライバーさんが話していた。まだつぼみの花も多い。
 高度を上げていくと後方に有峰湖が開けてきた。
c0024167_8481116.jpg

 そして、なだらかな太郎平も見張らせる。慌てずゆっくり進んで行く。
c0024167_8501960.jpg

 小休止を適当に、1時間おきにはザックを下ろして大休止を取る。ベンチがいたるところに設けてあって便利だ。
 11時を過ぎる頃からガスが上がって来始め、展望が悪くなる。しかし、直射日光にさらされないので楽だ。好展望という五光岩ベンチに正午着。五光岩もみえず。疲れたので、ベンチで仰向けになってしばしトカゲを決め込む。直射日光を感じて、起き上がって周囲を見渡すが、ガスで展望は不良。
 ベンチを出発。
13:17太郎小屋に到着。小屋の前は人で一杯だ。
c0024167_9342528.jpg
早速、宿泊を申し込む。「本日は満室で一畳に2名、布団1枚でおふたりお願いします」といわれる。まあ、しかたないと思い部屋へ。既にお隣さんは到着されていて、仮眠されていた。「よろしくお願いします」と挨拶。後で知ったのだが、私の逆のルートを来られたそうで、彼からの情報は大変参考になった。
小屋から出て見るがガスは深くて薬師岳も見えず。ビールをひと缶飲んで、私もしばらく部屋で休む。
c0024167_950359.jpg

by garyoan | 2006-08-09 09:50 | 私はやせる