2006年 08月 13日 ( 1 )

薬師岳→立山室堂縦走(3)

 小屋の夕食は17時から、それまでに同室(というか2段ベッドの下の区画)の人たちと結構仲良くなる。定員8人のところを16人だ。(結局、最終的には15人となる)
 私より年長の人ばかり。ほぼ全員が単独行だ。
 「今や登山平均年齢は60歳以上ですよ」
 と東京から来た人が言う。彼も60過ぎだという。彼はちょうど私の逆を縦走して来たと言う。立山室堂から一ノ越を越えて五色ケ原山荘で1泊を考えていたそうだが、11時には山荘に到着してしまったので、山荘をパスして一気にスゴ乗越小屋まで入ったという。
 「すっかりバテました」
 と笑っている。今後の予定は雲ノ平→水晶→双六→槍→上高地と言う長丁場を予定していると言う。しかし、昨日のバテで自信がなくなったので、双六から新穂高温泉で下るかもしれないと言う。
 同じく室堂からのルートを来た人と一緒に高山植物の話しで盛り上がる。
 二人揃って、
 「スゴの小屋は空いてましたから明日はゆっくり休めば良いですよ」
 そう言ってくれた。しかし、この予想が大きく外れて翌日私はエライ目に遭うことになる。
 横浜から来た人はここから東へ黒部五郎へ行くと言う。
 盛り上がっているうちに17時夕食の時間となり、一緒に食堂へ。
 昔に比べると小屋の食事は格段に美味しくなっている。とんかつに生キャベツ。特に生キャベツには驚く。食堂から窓の外を見ていると、ようやくガスが晴れてきた。
 食後、連れ立って小屋の外へまたしばらくガスで展望はよくない。

 薬師岳方向。ガスが消えるのを待つ。
c0024167_16263521.jpg


そうしているうちに、ようやくガスは消え、薬師岳も見える。堂々とした山容に感動する。シナノキンバイ(?)を前に撮影。
c0024167_16194879.jpg


水晶岳方面。やはりシナノキンバイの向こうに。
c0024167_16222334.jpg


日没前に小屋に戻る。結局、私の区画はたたみ一枚に2名の予定が2枚に三人でちょっとゆっくりできることになった。ラッキーと思っていたが、敷布団の間に隙間が出来てしまい、掛け布団もどちらのをかぶってよいか分からず、中途半端なことになってしまった。
しかし、疲れもあって結構しっかり眠る。自分のイビキが迷惑をかけはしないかと心配したが、先に他の人がかきはじめたので、その点でも安心する(笑)。
明日の朝食は5時からだ。
by garyoan | 2006-08-13 16:32 | 私はやせる