<   2005年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「信仰が人を殺すとき」


c0024167_15365923.jpg待望のジョン・クラカワーの著作「Undee the Banner Of Heven」が邦題「信仰が人を殺すとき」として出版された。昨年の今頃だっただろうか、河出書房新社から出版の予定を聞いてそれから心待ちにしていた。
この本がアメリカで出版された時、モルモン教団の反応はすさまじかった。取り上げられた人物はモルモン原理主義者であるから、「正統モルモン教会とは無縁」と言っていたが、本の内容が教祖ジョセフ・スミス、継承者ブリガム・ヤングの教え自体に及ぶものだとなると、「著者クラカワーは作家であって、事実を正しく伝えてない」と脈路ない批判を繰り広げた。
モルモン教の公式サイトにはわざわざ「クラカワー本への批判」が掲載されている。
モルモン教にとっては誠にうっとおしい著作なのだ。c0024167_1440122.jpg
私もまだ手にしたばかりで十分に読み進んでいない。内容は濃い。読んで行くとその内容が続きを読ませない。一端はページを閉じて考えないと続けられないのだ。
モルモン教について知りたい方の必読書であることはもちろん。カルトとは何かを考える人にも読んでもらいたい。
かねがね、私はモルモン教を研究し、対策を立てていれば、現代のカルト被害の多くは防げたのではないかと思っているが、この本を読み進めつつますますその意を強くしつつある。
by garyoan | 2005-04-29 14:40 | モルモン教

目標野点!

昔、会社のクラブで山歩きをしていた時、女性部員がひとりいて、昼食時にお茶を点ててもらったことがある。なかなかに風流なものだった。
モンベルのカタログを見てそんな過去の栄光を思い出した。
今ではひとりでやせるため健康のためウオーキングを再開したが、近い将来の目標として、どこかの山に登って、ひとり野点を楽しんでみようと思っている。
c0024167_17231995.jpg

とりあえず、道具を買うことと、点て方を勉強しないといけない。いや、その前にもっと歩けないと・・・。
by garyoan | 2005-04-24 17:22 | 私はやせる

反日デモはOFF会か?

Excite エキサイト : 国際ニュース
c0024167_23571068.jpg中国の反日デモは自然発生であると、中国政府は言っている。わが国でも「そんなバカな」と思いつつも、インターネットと言う先端の情報伝達手段がこの狂奔を生んだと言う点では一致しているように思える。
しかし、本当にそうなのか?
テレビのニュースのレベルで恐縮だが、中国にBBSなどで述べられている罵詈雑言、誹謗中傷は全く目を覆いたくなるものだ。わが国の巨大匿名BBSも赤面してその場を立ち去るだろう。そんな「アブナイ呼びかけ」に市民が応じるのか?
ネットをするものとして考えて見てほしい。
たとえば、人の中傷、差別が書き連なったサイトがオフ会をしようと呼びかけてもは果たして人が集まるのか?趣味のサイトのOFF会でも人集めにひと苦労もふた苦労もするのに、一歩間違えば当局に逮捕されかねない、時には参加者同士でも揉め事が起こりかねない「危険なデモというOFF会」に普通に参加することなど、私の経験では信じられない。中国の高度成長と巨大な人口を過大評価しすぎていないだろうか?
私は結局インターネットは隠れ蓑にされているだけで、実際はもっとアナログな、しかし実績ある手段で今回の暴動は演出されていると思う。
その理由のひとつがこの週末に一気に沈静化したことだ。あれだけ各地でそれぞれ数万人を要してごろりと転がりだした車輪が簡単に止まるはずがない。(止まってよかったのだが。)それもインターネットを含むメディアで政府が呼びかけただけでである。「愛国無罪」とはそんなに軽いものなのか?

田中角栄が中日国交回復を果たした時、私は大学に進学、中国史を学ぼうと青雲の志に燃えていた。国交回復後の中国文化の流入は激しく、私は大阪の中国文物店で簡体字の年表を買うことが出来た。
今も思い出すのはそこに「草の根民衆の革命的決起」なる項目が別に設けられていたことだった。「燕雀いずくんぞ」で有名な陳渉・呉広の乱からはじまって、当然毛沢東の共産革命に繋がるわけだ。人民革命を誇りとする国らしくユニークな視点だと感心したことを覚えている。将に「造反有理」の思想であった。それは現在も脈々と受け継がれているはずだ。そしてそれは反日教育よりも「造反有理」の思想の方が共産中国では重いのではないか。そんな国がいとも簡単に草の根蜂起的行動を停止するものだろうか。どうも今回の反日暴動は出来すぎている。

ところで激動の三国志の嚆矢となった黄巾の乱も先の年表で革命的決起のひとつに数えられている。承知の通り「蒼天既に死す。黄天まさに立つべし」と漢帝国の終焉を宣言したのだ。これは成すには困難だが、スローガンとしては極めてシンプルである。ところが、今回の反日暴動のスローガンは何だろう。「靖国参拝、歴史教科書などの歴史問題」「日本の常任理事国入り反対」とスローガンが中国民衆の決起にしては小さすぎる。正直、中国はそんなに小さくなってしまったのかと思う。確かに決して小さな問題ではないだろうが、そんな程度で数万人が集まるほどのものなのかと、私は率直に思う。そうした場合には中国人民は自分たちの政府を含めてあらゆるものをひっくり返すのではないかと思った。
by garyoan | 2005-04-23 23:56 | 今を生きる三国志

庵を出ず


c0024167_21492318.jpg昔の話を出すのは恥ずかしいものだが、かつて「今を生きる三国志」と言うメルマガを出していた。転職やそれに伴う多忙で事実上の廃刊になってしまった。
バックナンバーのサイトはまだ生き残っていてここにある。
これは、日々のニュースを取り上げて、三国志の知恵で春秋の筆法よろしく分析してみようと言うもの、結構楽しく書いていたことを思い出す。

さて、いまさらかもしれないが、せっかくブログを作ったのだから、復活させようと思う。ペースはとりあえず週一回で頑張って見よう。請うご期待である。
by garyoan | 2005-04-22 21:48 | 今を生きる三国志

不真面目な提案

Excite エキサイト : 国際ニュース

一瞬、また中国の暴動かと思った。
ところが、象が逃げ出して暴れたと言うことで、ちょっと安心はした。
しかし、さすがは兵器として一世を風靡しただけあって象の威力はすさまじいものだとも感心。
そこで、ちょっと考えた。
中国の日本大使館、領事館などは象を飼育してはどうだろう。
また今度暴動(断じてデモではない)が起きた時には、この象たちがを暴徒にけしかける。もとい!象たちが脱走してしまって、暴徒の群れに飛び込んでいってしまうという想定外の出来事が起きることがあるかもしれないし・・・。
by garyoan | 2005-04-21 19:43 | 酔郷から

ダイエット開始から約40日

思わぬ、ライバル(?)出現で、ブログでダイエット経過を発表することになった。
お相手は私の目から見てダイエットの必要性を感じない。私の方は医師の勧告もあっての抜き差しならぬ状況でのダイエット。圧倒的にこちらが不利だ。ライブドアとSBIか?!
いや、それではライブドアに失礼だ。こにらの脂肪のどえらい不良債権。成長企業と比較するのもおこがましい。
しかし、体重を記録し初めて40日近くがたった。正直に今日現在、5.5kg減った。でも、まだ80kg少々ある(涙)。前にチャレンジした時も80kgが壁だった。なんとかがんばっているそのうちに転居や家族の入院で完璧にリバウンドした。この正念場にライバル出現はよかったかも。
とりあえず、歩いている。写真のようなちゃちなステッパーも3,000円程で買った。(買ってから気づいた。体重80kg以上は使用禁止、30分以上は使うなと!!)
c0024167_23325599.jpg

市営のジムにも行って、週3回はトレーニングしている。
そして、前の日曜日の朝、箕面の東海自然歩道を2時間ほど歩いてみた。その時に撮ったのが扉の花の写真(本日現在)これでだめなら、どっかのお笑い芸人のように写真集出版をめざすしかない?
by garyoan | 2005-04-20 23:32 | 私はやせる

学割!

大阪某駅近くのたこ焼きやです。(この時間は営業前)
c0024167_22503776.jpg

近くに寄って見てみると・・・
c0024167_22513657.jpg
なんと学割料金がありました!
by garyoan | 2005-04-08 22:51 | 酔郷から

デジカメ練習中

デジカメの練習を兼ねて、ベランダの花を接写で撮って見ました。
c0024167_1735767.jpg

by garyoan | 2005-04-05 17:34 | 酔郷から

デジカメが壊れて

c0024167_1441537.jpg長年愛用していたコダックのデジカメが突然使えなくなった。
仕事で、さあ撮影と言う段で動かなくなったので、困った。中断してその足で新機種を探して購入した。買ったのはキャノンのPower Shot A520。
前のコダックからは驚くほど多機能で画質も良好になっている。まあ、5年ほど使ったのだから当然ではあるが。
ということで、ちょっと練習をかねて近くの公園の桜を撮影。

c0024167_1443655.jpg

by garyoan | 2005-04-04 14:06 | 酔郷から