<   2005年 05月 ( 39 )   > この月の画像一覧

ガチャポンと思っていたけど

<ガシャポン>米国でも販売へ 1個1ドル
「ガシャポン」って正式名称だったのか?!
驚いた。でも、大阪では「ガチャポン」って言っているぞ。「ガチャポン」ではだめなのかなあ。
で、この記事、肝心なことを書いていない。

アメリカではなんて名称になるんだ?

まんま"gashapon"か?なんか「芸者ぽん」て感じになるなあ。ここはしっかり取材してほしかったなあ。
街角には設置されないようで、それもちょっとさびしい。
by garyoan | 2005-05-31 04:34 | 酔郷から

不規則な食事時間??サラリーマンが???

<肥満調査>減量できないサラリーマンの実態浮き彫り
c0024167_4191275.jpgちょっと待って!
私もサラリーマン経験あり!サラリーマンって太りやすいか?
はっきりいって自営業している今の方が体重コントロールは大変なんだけど。通勤時間ははっきりしている。少なくとも朝の始業は決まっているだろう。「不規則な食事時間」って、朝と昼は決まっていると思うけれどなあ。
自営している今の方が、仕事まかせ相手任せで大変だ。ウオーキングするにしても「明日はいつ歩けるかなあ」と考え、昼食も「いつ食べれるかなあ。外かな。家かな」と考える。勤め人だったときの方が気楽だった。
「生活習慣を変えれない」と言うのは、やはり「いつか何とかしよう。なんとかできるさ」と言う『余裕』なんではないだろうか。
まあ、医師から「このままでいると、あんた・・・」って言われたて、減量が急務になった時には、勤め人であった事を感謝するだろうなあ。きっと。
by garyoan | 2005-05-30 21:31 | 私はやせる

梅雨前もう一山、もうひと痩せ(笑)

c0024167_20561415.jpg今年の梅雨入りは少し遅れそうだと言う。ただし6月2日と3日は雨だそうだ。
今、急ぎの仕事が月末に終わる。と言うか、終わらせないとエライことになる。
6月1日が水曜日で、休みが取れそう。そこで、もう一山登っておこうと考えた。
今回はリトル比良。近江高島から上がって、北小松に下りようと思う。
歩行時間は7時間ほどか。結構、きつそうだが、何とかなりそうと楽観的。
結果はまた、報告する。
by garyoan | 2005-05-30 21:03 | 私はやせる

なにやとんじゃぁ!

<通り魔>中1男子ら2人重軽傷 大阪府豊中市の路上
c0024167_21564764.jpg地元の通り魔事件に驚いている。実は私も豊中市民だ。震災前はもっと現場の近くに住んでいた。正直な話、昔はあちらの方面は恐喝や喧嘩、時には暴力団の発砲などもあったが、通りすがりに中学生を鎌のようなもので切りつけるなんて、無差別なものがあったとも思えない。
すさんだ世の中になったと嘆くだけではなく、せめて犯人がつかまるまででも、近所の子供たちに注意を払って上げようと思った。
あと、毎朝、ウオーキングをしているがそんな時に自転車で後ろから近づかれて・・・と思うと他人事でもない。
冗談抜きで護身用の何かを持ち歩こうかとも思ってしまう。
by garyoan | 2005-05-29 22:06 | 酔郷から

頭より腹

c0024167_217692.jpg北朝鮮が子どものための頭がよくなるキャンディを開発

先に危ないダイエット薬品が問題になったばかりですが・・・
国家ぐるみでやってどうするんだ!って核開発よりはましか・・・。
とりあえず子供の頭よりも腹を心配しろよ!
IQよりも満腹を考えろ!
毛沢東は皆を満腹にすると言うことをスローガンにして革命に成功したようなものだ。(もちろん現代では賛否両論ある)同じ社会主義、共産主義を標榜するなら、真っ先にそれを考えろと言いたいな。
しかし、「海草、豆、人参、ゴマ」で作った食品と言うのは、(きちんと作られている限り)ダイエット食品としてはよさげだなあ。こうした点でも、やることがちぐはぐな国だなあ、北朝鮮。
by garyoan | 2005-05-28 21:08 | 私はやせる

ダイエットに王道なし

ダイエット食品で死亡か 都内の女子大学生
c0024167_22351239.jpg血圧を下げるためにもと医師から強く言われてダイエットを本格的に始めたのが、3月11日(記録あり)この時、85.7kgだった。間食を我慢し、飲酒を控え、とりあえずウオーキング。
現在、何とか77kg代。約9kgを2ヶ月半で落とせた。節食と運動以外には信頼できるメーカーのアミノ酸系のサプリメント以外には頼っていない。この数字が劇的とは思わないが、満足している。
危ないダイエット食品には必ず落とし穴があると言っても良いと思う。私の妻も過去に同じ食品だけを食べ続けるダイエット法に過労を併発し肝臓を壊して入院したこともある。
運動して脂肪を燃やすしか、ダイエットはないと私は思う。
それと、じゅうぶん魅力的なのにどうして世の若い女性は尚もやせたがるのか?
やせていようと太っていようと不健康な姿は困る。やせればそれだけでチャーミングというした風潮もなんとかしてもらいたいと、私は思う。
by garyoan | 2005-05-27 00:34 | 私はやせる

あのドラマ面白かったか?

「新選組!」来年1月続編放送
c0024167_1255689.gif大河ドラマ「新撰組!」だが、途中で見るのをやめた。幕末マニアの私がやめたのだから、よほどだと思ってもらいたい。「作りこみ」が多すぎる。やっぱり、本当の歴史にはドラマはかなわない。歴史小説も史実に近づけば近づくほど面白い。司馬遼太郎作品が優れているのはそのせいだと思う。
そもそも新撰組と言う集団は分裂と内部抗争を繰り返したテロ集団であり、それゆえに幕末と言う暴力至上の時代に咲いたアダ花である。彼らに大義とか理念などを注入して、そういう面でのヒーローに仕立て上げること自体が限界を超えている。
大河「新撰組!」続編にはもちろんまったく期待しないが、新撰組以降の土方歳三と言う人物には大変な魅力を感じている。近藤勇の刑死、そして榎本武揚らとの出会いで土方は優れた軍事リーダーの資質を結実させつつあったと私は思っている。
確かに心情的には新撰組の旗を背負って最期を全うしたが、土方自身は確実に自身を近代化していたと思う。
こうした点をいつか描ききるドラマに出会いたいとは思うが、三谷幸喜ではかなわぬことだろう。結局、彼の描く世界は現代社会でしかない。思い切って前衛でそうしているのではない。歴史的な知識がないから、「わざとしたような見せ掛け」をしているだけなのだ。

しかし、NHKの言う「「放送が終了し、半年経過した今も手紙やメールで続編の要望が届き、500件になった。」と言うのは大きな反響なのか?今回のプロジェクトX事実捏造問題(淀川工業グリークラブのこと)での批判はもっともっと多いと思う。じゃ、プロジェクトXもやめればと思った。
by garyoan | 2005-05-26 12:25 | 奇譚異譚歴史譚

動物アイドルはやっぱ「オリバー君」

レッサーパンダだけじゃない、動物アイドル「レオポン」は今
c0024167_20403449.jpgワイドショーの明るめのニュースは「立つレッサーパンダ」と「ピアノマン」。しかし、動物アイドルの栄枯盛衰も感慨ぶかい。甲子園阪神パークでレオポンが生まれたのが1955年!私も現物を見たが、私の一つ年下だったんだ!初めて知った。そういえば元祖動物アイドルだよな。でも、いまこんなヒョウとライオンの交配なんてやったら動物愛護団体から猛抗議をうけるだろうなあ。
しかし、動物アイドルで私が忘れられないのはやっぱ「オリバー君」。登場は1976年だった。オリバー君は進化したチンパンジー(染色体が一本多くて人間に近いらしい)で、テレビを通じて一世を風靡した。大体この仕掛け人が矢追純一というのが怪しさ満開だったのだが、結局はただの器用な芸達者なサルということが暴かれて、消えていった。
しかし、テレビではセクシーな女性が登場して、「オリバー君とベッドインして、子宝を授かってみます」なんて言い出したのは、ぶっ飛びだったなあ。この女性も素人さんと言う設定だったが、テレビ局があらかじめ手配したモデルだったことがすっぱ抜かれて、顰蹙を買っていた。
で、オリバー君のことどうなっているのかと思ってネット検索すると、いやあまだまだ話題に上っているようだ。
未だに肯定的なサイトもあるがこれはちょっとイタイ。
お暇なら「オリバー君」でググって見ては?
by garyoan | 2005-05-25 21:04 | 酔郷から

去勢されかかった教祖

浮気夫に怒りの報復 妻が夫の性器を切断 | Excite エキサイトc0024167_17515395.jpg
インドで自宅で売春婦を連れ込んで、「浮気」していた夫が去勢されたそうだ。
しかし、相手は売春婦だろう。これを「浮気」と報道していいものかなあ?

日本では「愛のコリーダ」阿部定事件が有名だが、過去大阪は豊中でも同種の事件がラブ・ホテルであったという噂も聞いたことがある。
結構、この種の「犯罪」というか「報復」あるいは「愛情表現」はあるようである。
まあ、それだけ男性は父子とも事後は無防備だと言うことでもある。

ところで、われらがモルモン教の教祖、ジョセフ・スミスも間一髪で「息子」との永遠の離別を免れている。
ジョセフ・スミスがいろんな女に手をだして密通を重ねていた。若い女と密通したことに業を煮やしたモルモン教徒も含む住人たちが深夜、教祖を襲って、去勢をしようとしたのだ。襲った連中の中には医師がいて、他のものが押さえ込んだところを彼が責任を持って「執刀」する予定だった。ところがいざ切断の段になり、臆した医師が止めてしまったため、ジョセフは助かったのである。(「信仰が人を殺すとき」P166)

ジョセフ・スミスに比べればこのインド人の夫はまだましだと言えなくもないが・・・。
by garyoan | 2005-05-24 18:06 | モルモン教

とあるスポーツジムにて

c0024167_18185894.jpg最近通い始めたとあるスポーツジム。
その更衣室に面白い表示が・・・。
携帯で撮ったので不鮮明なのはご容赦を。
c0024167_1820325.jpg

実在って・・・。
説得力ありすぎ!
で、現在体重77.2kg、体脂肪が22.5%です。
by garyoan | 2005-05-23 18:22 | 私はやせる