<   2005年 06月 ( 38 )   > この月の画像一覧

やや不満、何故外相?

<韓国>天皇陛下のサイパン訪問を評価 潘外交通商相
韓国が天皇陛下の韓国人犠牲者慰霊塔立ち寄りを評価したことは喜ばしいことだと、素直に思う。これで両国間の関係が回復する方向にいく事を望む。
しかし、私は敢えて言いたい。

 「どうして韓国のコメント者が外相なのか?」

天皇陛下は政治家ではない。
それが平和憲法の核であって、大戦の反省のひとつなのだ。
韓国のこうした談話は大統領自らがすべきだったと思う。それが国家間の礼儀ではないのだろうか?

外相にこうしたコメントを出させることは、韓国が結局は平和憲法と戦後の日本というもの理解していないからではないかと、いらぬ勘繰りをしてしまう。
by garyoan | 2005-06-30 05:32 | 酔郷から

モルモン教宣教師撃退法の本

c0024167_169669.jpg友人の手助けを受けて、When Mormon Callという本を入手した。
モルモン教宣教師の訪問の断り方を書いた本である。

c0024167_1691915.jpg


さすが本場アメリカ。こうしたハウツー本の需要があることがすごい。

わが国でも役に立つことも多いだろう。今後紹介して行きたいと思う。

しかし、ざっと最初の部分を読んだ感想としては、基本的に断り方は「セールスマン」へのそれと共通する。とりあえずは「モルモン宣教師はセールスマンと同様に扱ってよし」ということだ。

モルモン宣教師は確かに宗教家ではなくセールスマンと呼ぶのがふさわしい。
by garyoan | 2005-06-29 16:16 | モルモン教

ロマンチック街道、雑感

セレブのためのサンマルクカフェがあった! | Excite エキサイト
ありゃあ!
c0024167_22144549.jpgここって、我が家の直ぐ近くではないか!!

 「セレブなマダムが闊歩するきれいでオシャレな通り」

えーと。セレブ?
わたくしを含めてみかけないが・・・。

 「有名洋菓子店や高級ブティック、ゴルフ用品の専門店などが立ち並び」

有名洋菓子店、ある。美味しい。しかし、路駐がひどい。店も見てみぬふり。田園調布や芦屋とはえらい違いだ。
それとこの街道。やはり不景気のあおりか、お店も結構代替わりしている。
評判ばかりでたいしたこともない店が多い。

今、注目はインド料理店の進出だ。インド料理の店が最近またひとつオープンして、私が数えるだけで3店舗になった。(もちろんインド人シェフ)
和食、洋食、中華よりも注目である。

「私などは一生ここに住むことはあるまい…と思ってしまうエリア」

中古の分譲マンションは安い。(実体験)
一方で新築マンションも建設が進んでいるが、これはさすがに高額だ。
しかしなによりも、お勧めはロマンチック街道西側の千里川の川辺、素敵なウオーキングスポットだ。
by garyoan | 2005-06-28 22:15 | 私はやせる

輸入永久停止で良いでしょう

米国流では安心できず 衆院BSE調査団長
あのう・・・。農務長官のジョハンズさんでしたっけ・・・
米国産牛肉の危険性が「交通事故より低い」ってどういう説明?
いくらなんでも日本人を馬鹿にしてない?
日本人は消費者なんですが?
そこら辺はお分かり?
ま、たとえば賞味期限の切れた食材を使った食堂があった。客が味がおかしいと気づく。
 「腐りかけてるやんけ!」
って激怒される。それに店長が
 「大丈夫!大丈夫!それくらいで食中毒になるよりも交通事故の方が危ないですわ」
って言ったらその店どうなる?

衆院農林水産委員会調査団の山岡さんも、おとなしいなあ。
 「事故は気を付ければ防げるが、牛肉が安全かどうかは気を付けようがない」
まあ、その通りだ。冷静な対応は立派だけど。もっとキレた発言して良いんじゃないの。
別にアメリカの牛肉がないと生活に不便があるわけではない。むしろ、輸入停止されている今の方が安心して焼肉店などに行ける。下手に入って来たら、牛肉全体の需要が落ち込むだろう。
アメリカの牛肉は要らない!

まあどうしても、アメリカが輸入したいと言うなら、向こう1年は無料でサービスぐらいはしてもらいたい。だって、食堂でもやばいものを出したら、その客からは代金を取らないだろう。
by garyoan | 2005-06-26 19:11 | 酔郷から

ニッカー復活?!

c0024167_755511.jpg体重が減らない。(焦)76kg台をうろうろしている。別に日々の運動をサボっているわけでもないのに。
ただ、最近はビールなどを良く飲む。そのせいかもしれない。
言い訳ではないが、「体重を落とさないと」と決心した頃は飲めなくなっていた。ビールも焼酎もワインも全く美味いと感じなかったのだ。それを美味しいと感じれるようになったのは、やっぱり健康だからだと思う。だから、少々体重減は回り道でも飲酒は楽しもうと思っている。

昨夜の測定でも76.2kgで体脂肪率が21.5%。

週日のテレビ番組でやっていたが、横綱千代の富士の体脂肪率は12%か13%だったそうだ。横綱貴ノ花が15%。相撲取りってあの体重でこの体脂肪率。すごい。貴乃花親方なんて体重落とす必要ないだろう。(で、今90kgかあ。それ近くあったんだよねえ。この私は)

まあ、そんな足踏み状態がイヤで、昔はいていたモンベル社のニッカーを出して見た。

c0024167_7333716.jpg


これはモンベルのストレッチニッカーで15年ほど前のもの。当時はめちゃくちゃ気に入っていた。北アルプスもこれを履いて行ったものだ。
5月に蒜山を計画したときこれを履く予定だったのが、その時には太りすぎていて前がとまらなかった。しかたなく新品を買う羽目になった。箕面のモンベルに行って計ってもらうと、店員に「お客様、ウエスト・・・90以上はありますよ。LLサイズでないと」と衝撃の告知を受けた。ニッカーのサイズが80cm。履ける分けないわね。
で、今朝もう一度このニッカーに挑戦(?)。なんと左右からぐぐっと引っ張って腹筋を駆使して腹をへこまさないとだめだが、何とか前のフォックがとまった!
これはうれしかった。秋にはこれでどこかに登れるかも知れない。
今後も頑張るつもり・・・。
by garyoan | 2005-06-25 07:35 | 私はやせる

ライスさん!勝手が過ぎます。

G4案に理解得られず 日米外相会談
ライス長官。この人は頭が良いらしい。IQも高いそうだが・・・。まあ、IQなんてアテになるものでもないし、ブッシュの家庭教師をしていたそうだが、生徒の出来があれでは、教育者としても「?」なのではないのか。

まあ、それはさておき、安保理常任理事国拡大についての今回のコメントにはがっかりさせられた。

「米国は安保理拡大は支持しているが、安保理は効果的でなければならない」

結局は「安保理はアメリカのトップダウン体制確立こそが効果的である」と言いたいわけだ。しかし、少し前まで国連軽視の単独主義で突っ走って来たのは何処の国だったのか。アメリカが国連に『戻ってきた』のには理由がある。アメリカ式の押さえ込み方式がイラクを初めとしてことごとく失敗しているからだ。アメリカも国連に頼らざるを得なくなって来ているのだ。だったら、もっと謙遜に振舞わないといけないだろう。
ライス長官の言動からはこうした賢明さは見えてこない。なにか高学歴人間がブルーカラーを見下しているように思える。

日本がG4の枠組みを堅持することを表明したことはよかったと思う。
常任理事国入りを焦ることはない。本当はそうではないと見えるのだが、とりあえず「日本は国連重視」と言うポーズを示しておくことは重要だと思う。
by garyoan | 2005-06-24 04:45 | 酔郷から

起死回生のアイデアあります

みのもんた失言でスポンサーが降板!
久米宏「A」降板へ…本人がスタッフに意思漏らす

以下主人の起死回生策。心して聞くように!

みのもんたと久米宏

 番組を交替しなさい。
by garyoan | 2005-06-23 15:34 | 酔郷から

別に良いと思うが・・・

<兵庫知事選>佐藤江梨子さんのポスターがネット競売に
サトエリの投票呼びかけポスターが好評でネットオークションに流れているという。テレビでもサトエリが出演して、投票を呼びかけているのを見た。
男装がかっこよい。関西弁もさすが自然である。
1・17の特番では震災の思い出の場所を訪れたり思い出を語っていた。
ナイスな人選だと思う。オークションで取引されるのも仕方ないことだろう。
「県選管は『売買は不適切』として同日、ヤフーなどに削除を求めた。」らしいが、だったらどんどん無償で配ったらどうだ?少々予算がかかっても投票率上昇の方が重要だと思うが。



いっそのこと投票済み証にサトエリの写真とサインを入れたらどうか?
サトエリだけでは偏りが出るだろうから、韓流スターとか、中山美穂とか、性別世代を考慮して各種揃えておけば投票率は飛躍的に向上するだろう。

ずいぶん昔、パソコン通信時代に「選挙のポスターに飯島愛のセクシーポスターを使っては」と仲間内で提案(?)したことがある。キャッチフレーズは「入れに来てね。私もイクから・・・」。なんかちょっとだけ、近づいてないか?(汗)
by garyoan | 2005-06-22 01:15 | 酔郷から

「信仰が人を殺すとき」サンケイ新聞書評

【書評】『信仰が人を殺すとき』ジョン・クラカワー著/佐宗鈴夫訳
c0024167_9453247.jpgサンケイ新聞が書評でクラカワーの「信仰が人を殺すとき」を取り上げている。
私たち元モルモンは勢いモルモン教の暴力性、欺瞞性を立証する記述に目が行ってしまう。それはそれで大切なことなのだが、同書の核心はモルモン教という大変アメリカ的な宗教団を通じて「原理主義」とは何かに迫ることである。サンケイの書評はその視点に立って記述されている。そこで、原理主義とは何か、特にモルモンの原理主義とはなにかを考えてみた。
原理主義とは過去の理想への回帰をスローガンにした「新興宗教」である。という言葉をどこかで聴いた記憶がある。イスラム原理主義、キリスト教原理主義などを見ると確かにそうであろう。ところがモルモン教の原理主義はそれらとはやや趣を異にすると思える。
つまり、イスラム教にしろキリスト教にしろ長い歴史を経て変化して来たものであるのに比べて、モルモン教は合衆国政府との敵対、社会との軋轢などに屈して「表面上の変ったふりをしてきた」だけであったからだ。そのうち、『おもてっつら』が本当の教団の顔になって来た。評者が感じている「モルモン教の信徒が、快活で礼儀正しく、健全」というのはこの『おもてっつら』が信者たちに定着してしまったからである。
しかし、モルモン教徒の中には今風のモルモン教徒を腑抜けたやからとみなす者もいる。彼らは同書で紹介されるようにモルモン原理主義者と転向して行く。この転向はいとも簡単に行われる。過去のモルモンの予言者(教祖)たちの残したテクストがあるからである。
つまり、モルモン教の原理主義とはまさに正しく過去への回帰であり、正しい意味での原理主義宗教なのだ。ユタという閉鎖された空間が生んだ極めて特殊なケースではないかと思う。
c0024167_14235882.jpg

by garyoan | 2005-06-21 10:24 | モルモン教

大黒神社VS靖国神社

ストライカーぶり大黒強烈アピール…ヒデも絶賛
と言うことで、北千里サティの大黒神社に感謝の参拝に行ってきた!

c0024167_1816244.jpg

なんと、同神社には、寄せ書きのある日の丸が掲げられていてる。W杯アジア予選での大黒選手の活躍の上にこの日の丸。W杯で苦杯を喫した近隣諸国から、不当な抗議と干渉を蒙らないか?いささか心配になった。首相を初め政界の要人はこの神社には参拝しない方が良いと、衷心から申し上げたい。参拝を望むのであれば、ヤスクニ問題を解決した上でお願いしたいものだ。
同神社拝殿奥にはガンバ大阪の幟が立つ。ジーコジャパンの主将宮本、そしてMF遠藤も「合祀」されていることも分かる。両者を生ける「英霊」として祀ることには、サッカーファンであれば異論はないであろう。もし、ここにFWのS(K島)やDFのT(U和)が合祀されていたなら・・・。それは将に「A級戦犯」を合祀するに等しい暴挙であるからだ。私は個人的に「分祀」を要求するだろう。

同神社の主神は大黒である。
c0024167_1962798.jpg

ギリシャ戦の勝利の感謝とブラジル撃破祈念の手をあわせながら、ふと思ったことがある。それはもし、大黒がヨーロッパ諸クラブなどからのオファーがあって移籍した場合である。大黒に限らない、宮本でも遠藤でも。その際はこの神社はどうなるのであろう。
靖国神社の神官の見解に寄れば、一旦「神としてお招きしたものを人間側の都合で外すわけには行かない」と言う。即ち、同神社は3選手がガンバ大阪を離れても永遠に祀り続けられるのであろうか?「分祀」しないのか?
あるいは神社は移籍に断固反対する立場を取るのか?
靖国神社の神学的見解も聞いてみたい気がする。

まあ、とにかく打倒ブラジルである。宗教と政治をチャンポンしたバカ話しはうんざりだ。
エスプリたっぷりの大黒神社を参拝してつくづくそう思った。

ちなみに私の参拝は当然「私人」としてである。(笑)
by garyoan | 2005-06-20 19:05 | 酔郷から