<   2005年 06月 ( 38 )   > この月の画像一覧

モルモンの投機的宗教生活

c0024167_10253178.jpg最近お金に関する本を読んでいる。「金融広告を読め」(吉本佳生)と「お金がふえるシンプルな考え方(マネーのルール24)(山崎元)」の2冊を読んだが、面白かった。この世の中、経済的な意味だけでなく「リスクとリターン」からものごとをを考えると言うのは大切だと思えた。
そこ考え方によれば、モルモン教徒の生活は大変投機的なものである。死後の「永遠の生命」(モルモン教ではこれを、『男は神になり、女は神の妻たちのひとりになること』とする。普通に復活して二度と死なくなるのは不死不滅と分けて使う)目指してモルモン教徒は生きている。
そのため何をするのか?
教団の戒律を守る。タバコを吸わず、酒やお茶を飲まないというのは序の口で、毎週日曜日には教会に出席して、平日も教団の為に奉仕する。少なくとも収入の10%を献金する。定期的に神殿に行ってオカルティックな儀式を受ける。そこで「生きてる限り忠実でいます」と命を賭けて誓約する。そんな生活が延々と続く。
全て、自分が死後に住む世界を良くするためだ。多額の死亡保険金を自分が受け取るために膨大な掛け金を支払っているようなものだ。

尤も信仰、信心に生きることは悪いことではない。死後の世界がより良いものであって欲しいとの期待(スケベ心)があってもそれはそれで良いと思う。普通の宗教、信心であれば、生き方自体が現世の自分を豊かにするからだ。言い換えれば、支払った掛け金のリターンを生きているうちに受けることが出来るわけだ。そして、この現世の幸福というリターンが大きいのである。
ところが、モルモン教(その他カルト全般もだが)には、普通の宗教ような日々の豊かさというリターンが乏しい。あっても掛ける分に全く見合わない。教団の活動への参加て、経済的負担に日々追われるのみである。それでも最初はそれを充実感と勘違いできる。しかし、充実感が疲労に変わり始めると、同時に悲劇の始まりでもある。
やめたくてもやめれない。ずっと支払った来たものが多いので抜けれないのだ。信仰自体が不良債権化してしまうのだ。

常識を駆使して判断してみよう。
死後の世界がモルモン教の想定したものでなかったらどうする。死後の世界自体もない可能性も高い。モルモンでいて、生涯モルモン信仰に対して時間と金銭を投資することはあまりにも危険である。ずっと他の宗教の方が有利である。
しかし、モルモン教は言う。
「他の宗教は全て間違っているのであって、必ず破綻する。モルモンに投資するしかないのだ」と。こうした理屈自体が既に常識の範囲外であろう。
by garyoan | 2005-06-19 10:32 | モルモン教

当庵主人はイスラムびいきだが・・・

イラン大統領選、1979年のイラン革命以来初の決選投票へ
サッカーワールド杯予選、イランでのアウェイの会場を中継で見て驚いた。ホメイニ師らの肖像の後ろにそびえる白亜の峰。まさに神々の座にふさわしい。そして、試合前に流れるコーランの独唱。いやあ・・・感動した。
試合は残念ながら日本が敗れた。そのせいでもないだろうが、イランのサポーターは熱かったが礼儀正しかった。(むしろふがいない味方チームにブーイングをしていたほどだった)
そんなイラクで行われた大統領選挙でひとりの候補者が過半数に満たなかったため決戦投票が行われるという。奥の奥、裏の裏ではなにかあるかもしれないが、結構な民主主義である。

サッカーの話しに戻ろう、アジア杯では中国が悪乗りし、ワールド杯では北朝鮮が暴走した。で、どちらもまともな選挙が行われたこともない国である。

スポーツは民度を量るバロメーターなんだなと、ふと思ってしまった。
わが国からは遠いがイランという国、もっと大切にしても良くはないか?
いろんな意味で長期的投資をする価値はあると思うが・・・。
by garyoan | 2005-06-19 00:33 | 酔郷から

「飲まな、やっとれんわい」

<飲酒議員>国会延長議決の衆院本会議で問題に
c0024167_7235820.jpg昨夜、週末の晩酌で酩酊して良い気分でいたところに携帯が鳴った。時間が午後9時過ぎ、仕事の依頼だった。「明日の朝一番で・・・」と電話の向こうではまくし立てる。聞こえてはいるし、内容も理解しているのだが、いかんせん酔っているので、集中して聞き取ろうとするので、無言になる。リアクションがないのが、心配になったのか、向こうは「もしもし」を連発する。「はい、聞いてますよ」と答えるもののろれつが回らない。「がりょう庵さんですよね?」「聞こえてますか?」って言われえて、こっちも少々頭に来た。「もう、この時間だから、一杯やっているんですよ。内容は理解できてますから!」と言ってしまった。結局、詳しい内容はFAXしてくることになった。
そんなことがあった昨夜、永田町でも飲酒を巡るトラブルがあったようだ。
元記事では一部の自民党議員とだけ報じられているが、今朝の朝日新聞によれば、森前総理秋葉賢也議員のようだ。また、野党側の酒気帯び議員は樽床伸二、平岡秀夫、吉田治の3名だそうだ。(森さんはさすがとしか言いようがないが)
しかしまあ、あの時間であれば、普通は飲んでいる時間だろう。普段の週末ならどっかの料亭で豪勢にやっているはずなのに気乗りのしない郵政民営化のためだけに遅くまで引っ張りまわされて、お気の毒とと同情の気持ちも湧かなくもない。「飲まな、やっとれんわい」と言うところか。
河野議長がさっさと投票を済ませてしまったのもなかなか適切な判断だ。所詮、結果の決まっていた投票だけのことだから、さっさとすませて、腰をすえて飲みなおす方がよろしい。
それより、いっそのこと皆がとことん飲んでから、投票して見たらどうか?
「酒中別人」で本音が伺える投票結果がではしなかったか?

与野党ともお互い懲罰動議の出しあいになっているが、その一方で堂々と欠席した綿貫民輔前衆院議長、亀井静香元政調会長、野呂田芳成元農相の3人に対しては自民党は「しかるべき対処」をするという。
なんかこれの方がおかしくないか?
この3人は
「いやあ、つい一杯やっちまいましてね。酔って議場に入るのもなんなんで、欠席しましたよ」
と皮肉たっぷりで言い返してみてもらいたい。

と、昨夜の個人的事情があったので酔っ払いサイドに寛容な文章になってしまった。
by garyoan | 2005-06-18 07:23 | 酔郷から

ビバ!「毎日かあさん」

実は、西原理恵子の熱烈ファンである。
「毎日かあさん」を読みたいがために毎日新聞を購読しようとしたことも・・・。
で、その「毎日かあさん」のプレゼント募集で当った!
フィギアである。

c0024167_9464992.jpg


画像がでかいかもしれないが、当庵主人の喜びの表現ということで、ご容赦を。
by garyoan | 2005-06-17 09:48 | 酔郷から

常任理事国なんてどうでも言いと思うのは私だけ?(だいたひかる風に)

常任理拡大、日本と1カ国=国連改革で米が新方針
G4で歩調をあわせて来てた日本が、頼りのアメリカに突然「常任理事国は増やすべきではない」と言われて、次はこれだ。「日本ともう一つは入っても良いよ」と。で、「ドイツはだめよ」と。要するに「アメリカ支援国はOKだけどEU側はお断りね」と言うまったく虫のいい主張だ。
相撲で言うならアメリカ親方が年寄株をひとつ増やすようなものか?ついでに、新規参入の常任理事国には拒否権は与えないと言う。
相撲で言うなら部屋住みはOKだが、自分で部屋を持ってはいけない年寄株のようなものか?(本当にそんなものがあるかどうかはわからないが・・・)

さて、わが国はどうするのか。
アメリカ追随でこの「日本+1」案に乗って、G4を見限るのか。
G4に固執して、アメリカの不興を買うのか。
アジア諸国の反発もまだまだ続いている。
おまけに、拒否権のない常任理事国になんの意味があるのかと思う。

アナン事務総長のスキャンダルもあって、結局常任理事国問題は国連の政局になっているだけのように思う。
こんな不毛な綱引きからは今は降りたほうが良い。
by garyoan | 2005-06-17 07:19 | 酔郷から

舞子浜から

c0024167_813567.jpg6月13日仕事で明石大橋のそばまで行った。目的地周辺には駐車場がないので、海水浴場アジュール舞子の駐車場に車を入れて歩く。
仕事を終えたあと、少しだけ散策。とは行っても砂浜は工事していて浜辺は歩けなかった。梅雨入りしたと言うが最初の2日だけでそれ以降の天候は良好な関西地方。この日も良い天気で、海峡を望む。淡路島が近い。船がそれぞれの速度で、橋の下を行きかっている。
c0024167_8141589.jpg

橋の直ぐ下にホテルを発見、「セトレ」と言うホテル。フィットネスプールが海峡に面して作られている。アクアウォークのコースはホテルの建物を出て、一部屋外を歩く。爽快そうだ。車の中に水着を入れてあったので、寄って行こうかと思って、ロビーに入っていったが、フロントの雰囲気に気圧されて撤退。仕事に戻る。(というか、これがあたりまえ!)
大阪に戻って、仕事を終えた後、市民プールに行って憂さ晴らしのように歩く。体重やや落ちる。
by garyoan | 2005-06-15 08:14 | 私はやせる

靖国神社はいち宗教団体だよ、小泉さん

平行線の追悼施設構想 小泉首相は消極姿勢
どうもこの首相には論理的思考というものがないようだ。
まあ、だから最初は分かりやすいというイメージが生まれたのだが・・・。
政治家としてのみならず、トップとしての論理を通した説得をする能力が欠如しているのである。首相は堂々とこう言う。
 「追悼施設が仮に建設されたとしても、靖国神社に代わるべき施設ではない」と。
待って欲しい、首相は岡田代表の質問に「首相の職務としてではなく、わたしの信条から発している参拝に他の国が干渉すべきではないと思っている。心の問題だ」と言い放っている。
首相はヤスクニを追悼施設ではなく、宗教団体の聖所として、神のいますところとして、認めているということではなかったのか?
もとより、ヤスクニはたんなる一つの宗教団体にしか過ぎない。神社と言う施設はその宗教団体の儀式を執行する設備に過ぎない。追悼施設ではない。
もし、靖国神社を追悼施設とする法的政治的見解があるなら示して欲しい。
明らかに違憲であろう。

靖国神社に替わる追悼施設と言う言い方自身がおかしい。追悼施設自体が今までなかったのだから。
また靖国神社や日本遺族会が追悼施設建設反対を訴えるのも自由だが、追悼施設は信教を超えて国民全体が平和を祈念できる場である。これに反対し、追悼の名の元ヤスクニへの帰依を要求することも違憲ではないのか?
by garyoan | 2005-06-13 22:33 | 酔郷から

横綱相撲

<花田勝さん>一連の報道は「不徳の致すところ」
さんざん、弟にしゃべらせておいて、世間が反撃を期待している矢先に「プライベートな事柄であり、こうしたことで世間を騒がせることは、父も望んでいないに違いありません」とは、上手い。相撲もこれだけ上手かったなら、一回ぐらいは優勝できたかも。
弟は肩透かしを食らった格好。ようやく立会いの呼吸があったと思ったら、かわされたというべきか・・・。
TVではここで沈黙できると言うことは相続で勝ち目が出て来たからとか言っていたが、どうだろうか。相続に関しては滝本弁護士が卓見を述べておられる。

弟の方の顔色の悪さとパーマのダサさは相変わらずだが、彼には相撲がある。相撲の方で後進をしっかり育てればそれでいいのだ。(とはいえ、部屋は危機的状態との事だが・・・)しかし、一方の兄貴のほうはタレントである。それもバラエティが中心であってみれば、あまりもめると仕事が来なくなる。飲食店の売り上げにも影響するだろう。
事態を収束させたいのは兄貴の方だろうと思う。結局は兄弟の確執とか家族の愛憎よりも、経済が上にある。
by garyoan | 2005-06-13 21:20 | 酔郷から

ユタ州の意外な同性愛人口

Conservative Salt Lake City has surprisingly high gay population
c0024167_17405033.jpgモルモン教が保守的なキリスト教諸派と同様、いやそれ以上に同性愛者を嫌悪し差別していることは有名だ。

ところが、モルモン教の本山、ユタ州でも同性愛者のためのPride Week Festivalが開かれたそうだ。

寡聞であったが、ソルトレークシティ(ユタ州州都)には相当数の同性愛者がいるそうである。保守反動的な宗教環境、社会環境で実態がつかみづらいのだろう。それでも同記事は国勢調査のデータをもとにユタ州には同性愛者どうしが結婚し営む家庭が3,370あると紹介している。
また、記事は彼らが元モルモン教徒であることも述べている。モルモンとして育ったが、現在はモルモンではないのと言う。破門されるか自ら脱会するのか・・・。モルモン教の信仰がそのまま州の文化であるユタに住み続けることは、複雑な思いがあったのあだろうと記者も述べている。

ところで、このPride Weekの盛況について記者がモルモン教団にコメントを求めたところ、教団はこれを拒否したと言う。そしてモルモン教が過去、同性愛について出した声明の一部を読んで回答に替えたとのことである。その声明とは

 「我々は彼ら(同性愛者)の人生に大きな寂しさがあることを理解する。しかしまた、主の前にあって何が正しいこととして認められるかということもあるに違いないのだ」

モルモン教の教義での人権意識とはこの程度のものなのだ。
by garyoan | 2005-06-12 17:43 | モルモン教

ブリガム・ヤングの遺書が$70,000

Brigham Young's purported will brings $70,000 at auction
c0024167_22582683.jpg上記ニュースによると、オークションにブリガム・ヤング(モルモン教2代目教祖)の遺書が出され、なんと7万ドル(約750万円)で落札したと言う。

c0024167_22593438.jpg

ざっと読んだ範囲では遺言本書は5ページ、その補足が7ページのもので、本人が書いたもので間違いないという。
また、ヤングには公文書私文書とも結構現存しており、いままでもオークションに出されてきたと言う。子孫には経済的理由でもあるのだろうか。
ヤングはいくつかの遺書を残したようで、死後遺族の間で相続問題で争いがあったことも記事は伝えている。(あれだけ妻を持ち、子や孫を作っていれば当然だ)
遺言の具体的内容として記事が紹介しているのは、
「生存する18人の妻と3人の亡妻の子孫に月々25ドルを支払ってやること」
「ヤングの豪邸の"Lion House" と "Gardo House"の所有について」

が述べられている。
ヤングの妻は18人+3人の程度ではないが、さすがに老いたヤングにとってはこの人数で手一杯だったのだろう。
なんにせよ歴史的資料として貴重なものであることは間違いなく、今後の研究が進み、モルモン教の実体がより明らかになることに期待したい。
by garyoan | 2005-06-11 06:16 | モルモン教