<   2005年 07月 ( 41 )   > この月の画像一覧

出現系奇蹟のうさんくささ

木にキリストの顔が現れる | Excite エキサイト
c0024167_7355954.jpg少し前にかびの生えたサンドイッチに聖母マリアが現れたという記事があった。詳細は忘れたが、その後に地下鉄の壁面にイエス・キリストの姿が現れたとか言うのがあった。そして今後は木の切り口に・・・。科学万能の時代でも神様たちは大忙しだ。
しかし、これはインターネットで情報が世界規模になったせいなのだろう。元々この種の出現系の奇跡物語は珍しくもなんともない。この手の奇跡を信じる信仰者の人には悪いが「首なしライダー」や「トイレの花子さん」と同じレベルのものだ。

特にこの記事

「キリストの顔」は、近くで見るとはっきり分からないが、木から2~3メートル離れて眺めると顔に見えるとのこと。地元紙が伝えたところによると、枝が切り取られたのは約1年前のことで、顔が現れたのは最近のことだという。

は、心霊写真レベルの話ではないか。心が恐怖に向わずに感動に向いていると言うだけの違いだ。

無神論者は単なる「造化のいたずら」だとしている。

いやあ。キリスト教徒でも普通はこうした出現は否定する。地元教会司祭はこんなケチな方法で信仰心を鼓舞するのはやめて堂々と「奇蹟ではない」というべきだ。

しかし、最初に挙げたカビたサンドイッチのことでも分かることだが、この種の話で共通する疑問は

 「なぜ、マリアやイエスだと分かるんだ?」

ということだ。サンドイッチのマリアも欧米人の顔だ。マリアもイエスもユダヤ系だからそんははずはないだろう。

 「お前ら!ホントの顔見たんかい?」

と突っ込みたくなる。

弁天さんや不動明王ではダメなのか?
もし、日本で発見されたらキリストにされていた可能性はほとんどないだろう。
結局、人間サイドに「もっと信じたい」と言う願望があるので、奇蹟は簡単に製造される。この種の非日常的な事を事実とすれば、わずらわしい現実をジャンプできる。進化論も宗教観の対立も一発の奇蹟でジャンプできる。世の中が進歩すればするほど、この越えねばならないものは大きくなる。だから、比例して人は奇蹟を求めことになる。「私は見た」「体験した」というのは絶対的解決だから。

モルモン教の話をしておこう。
モルモン教のはじまりはジョセフ・スミスの見神ということになっている。少年ジョセフが神とイエスに森で出会うと言う話だ。これは後世の作り話だが、もし本当だとしてもどうだろうか。そんなに重要な話だろうか?マリアやイエスはしょっちゅうどこかに出現している。それと一体どこが違うと言うのか?
モルモン教の巧みな点はこの体験を信者候補者に「祈って真実かどうか確かめて下さい」という点にある。(祈ることが確かめになると言うこと自体がヘンだが・・・)奇蹟体験を共有させるわけである。あとはジャンプしてもらうだけのことだ。
こうしたジャンプを意図的に仕組むことはマインド・コントロールのテクニックなのだ

by garyoan | 2005-07-31 08:44 | モルモン教

取材してる?

『グッドラック』のキムタクになれきれる場所があった! | Excite エキサイト
機内食が関空展望ロビー内レストランで食べれると言う記事の関連記事なのだが・・・。あまり、悪くは言いたくないが、この記者。本当に取材に行っているのだろうかと、思ってしまう。
この前のロマンチック街道沿いのサンマルク・カフェの記事でもそう。
なんか、パンフレットの丸写しのような感じ。この記事でもそうだ。

「噂を聞いてさっそくいってきました」

とあるが、具体的な本人の実体験的内容がない。
この関空展望ホールの紹介は関西の情報発信番組で幾度となく取り上げられており、その内容をまとめれば記事を書くのは簡単だ。
このコスプレに関しては「おはよう朝日」でアイドルの森ちえみが堀ちえみ役をやっていた。(森ちえみのブログ参照

どうでも良い事といえば良い事なのだが、物書きとして一定のレベルは保って欲しいと思った。

ちなみに主人は森ちえみのファンである。
by garyoan | 2005-07-30 08:42 | 酔郷から

関空ぼったくり商法

飛行機にのらなくても、機内食が食べられる場所 | Excite エキサイト
記事ではずいぶんお勧めになっているが・・・。
このエキサイトのコネタニュースってほとんどがコマーシャルだなあ・・・。

写真の料理を3,800円で食べたいか?
ついでにこの関空展望ホール入場料が必要だ。
 ビジネスクラスプラン 700円/ファーストクラスプラン 1,200円

「豪華な機内食」といってもセントラルキッチンから運ばれてくるケータリング。それに5,000円前後を使うものか?はっきり言って、もっと安くて美味い食べ物なら「食い倒れの大阪」でなくても、なんぼでもある。赤字で首が回らない関空の事情が丸見えである。
記事には悪いが、はっきり言って私は全くお勧めしない。

ところで、関空が出来て、大阪の国際線が伊丹空港から消えた時、機内食を作っていた会社はたくさんのパートタイマーを解雇した。地元の主婦たちが関空に異動などできるはずもなくリストラを受け入れる他なかった。私もそのあたりの事情に接する機会があった。そんなこともあって、こうした無邪気な記事を読むと心中は複雑だ。
by garyoan | 2005-07-30 00:26 | 酔郷から

迷走してない?

平山がフェイエ練習参加 入団交渉発展の可能性も
サッカー筑波大の平山だが、海外挑戦するのか?
別にかまわないけど・・・
だったら、高校出たときにもっと他の進路があったと思う。当事、サッカー通は「大学ではなくレベルの高いJリーグへ」と言っていたが、平山は敢えて進学を選んだ。将来の補償の薄いプロにいきなり進むのが必ずしも良いとは思えないが、どうして今進路変更を考えるか。
まあ、大学選手権でダークホースの関大に敗北したのも大きかったのだろうなあ。平山は1ゴールを上げたものの5-1の大敗。これから先のサッカー人生に不安を覚えても当然だろう。

で、オランダに行くのか。筑波は休学扱いしてくれると言う。
う~ん。なんか手厚いなあ・・・。
学校を辞めろとは言えないが、そんな身分保障があって、成功するのだろうか。退路を断たないと見えて来ない将来があるのではないのか。
学生生活を継続して、早く卒業する方を選んだ方が良くはないか。そんなことを、カズの出ているCMと比較して、ふと思った。
by garyoan | 2005-07-29 09:11 | 酔郷から

戸田の限界

つば吐かれた!ベッカム戸田に激怒
昨日は磐田とマドリードを見たが、マドリードの出来はさておき、親善試合として面白く観戦できたのはやはり昨日の試合。
東京戦はちょっと親善試合の枠を超えていたような気が・・・。
まあ、どのような試合をしようと別にかまわないのだが。

で、懐かしい戸田。海外では出番なく、パッとしないで帰って来たのだが全日本でもお呼びがかからない。トルシェ時代は一世風靡したというのに。反トルシェのカリスマで、週刊朝日での船橋洋一との対談でもトルシェはその統率力を認めたほどだった。
元々、荒っぽいプレーには定評があったそうで、「カードをもらうな」と監督に言われて「じゃ、どうやって止めるんですか?」と言い返したという逸話がある。
そんな戸田だから、別につばを吐きかけようと、かかるようにわざと顔を近づけて怒鳴ろうと驚くに値しない。ただ、親善試合でこれをやってはまずいだろうなあ。
だから、ベッカムも言わざるを得なかったのだろう。本気モードならこんなコメントは出ないだろうし、そんな選手が世界のトップで通用するとも思えない。

ところで、後半この戸田は相手の激しいチャージを腕に受けて退場した。
相手チームの報復であることは明白だ。「やんちゃ坊主」へのきついお仕置きだ。
「やられたらやり返す」華麗なレアル・マドリードにもこうしたえげつない点がある事を知って世界サッカーの奥の深さを見た気がした。
同時に戸田という選手が結局、世界では通用しなかった理由も見えたように思えた。
by garyoan | 2005-07-28 10:24 | 酔郷から

国民年金払ったぞ!

<社会保険庁>毎年不正に、書籍1億5000万円分を購入
やぱり、なんだかんだ言っても、老後を考えると年金には頼りたい。
実は長らく国民年金を未納にしていた。心配になって社会保険事務所に行くと、62歳まで払い込めば、何とか25年になると言う。ただしそれには現時点から2年目までを遡って払えばという条件付だ。「どうしますか?」事務所の人は率直に尋ねた。私の仕事に定年はないのし、元気なら働くだろう。たまたま、まとまった金が入ったので、この際3年分47万円ほどをまとめて支払った。
さて、ところで・・・
国民年金の月額が、13,580円。
で、この不正会計が1億5000万円。
約1万1千人分じゃないか。

「来年度概算要求から改める」

ではない。不正開始まで遡って幹部職員は返金すべきだ。その分を年金の原資に当てろ。
こちらは社会保険庁がいい加減な組織とわかっていても、老後を考えると、頼るしかないのだ。弱みに付け込むようなことはやめてくれ!
by garyoan | 2005-07-28 00:26 | 酔郷から

やはり・・・。酒か?

c0024167_864773.jpg体重が減らない。毎日運動しているのにだ。
ウオーキングなら1時間以上。ジョギングでもまあそれくらい。
ジムに行ったら45分のエアロバイクと筋肉トレーニングなど。
そして、プールなら30分以上は水中歩行。
でも、落ちない。
たまたま、忙しくて日曜日何も出来なかった。食べる分は少なめにしたが、「ああ、明日体重計に乗るのが憂鬱だな」と思いながら休んだ。
翌朝、しっかり体重が下がっていた。
不思議に思ってつらつら考えると、日曜日は晩酌をしなかったのだ。
76kg台に入ってから、酒が美味くなって、そのまま毎晩飲む癖がついていた。
特に
「運動後のビールは我慢するよりストレス解消に有効」
などという好意的な記事に後押しされて、毎日せっせと飲む羽目に。

結局、これが体重が減らない原因だったみたいだ。
日曜から飲んでないのだが、少し減りはじめた感じだ。
酒は週2日程度にしてみようと思う。
by garyoan | 2005-07-27 08:16 | 私はやせる

ごめん!謝る

ライブドア株、“細木マジック”で高騰
この点について、株主として細木には謝る。ついでに感謝する。

でも、言い訳するなら、4年の8月は600円以上の値をつけていたわけで、今日現在470円。5倍は無理だろうが、頑張ってそれくらいまでは上がって欲しい。
しかし、たいした業務提携の実りも出てないのになあ。
by garyoan | 2005-07-26 20:43 | 酔郷から

山拓何しに行ってきたの?

<6カ国協議>事前協議、韓国が拉致問題提起に反対表明
なんともまあ、あっさりと袖にされたものだ。拉致問題を話し合わない6カ国協議。核問題は大事だが、どうして一緒に議論できないのか?重村教授の言うように日本も毅然として「拉致を話し合わないなら、出席しない」と宣言すべきだ。日本抜きで話が進む分けもない。もっと自信を持つべきだろう。
しかし、あの首相親書は何だったのか?山拓さん、何をしに訪韓したのか?
日本経済新聞記事では

自民党の山崎拓氏は25日、福岡市で講演し、6カ国協議での拉致問題の打開について「そういう状況にない」との見通しを示した。

つまり、自分の特使は失敗だったと言う事を認めたわけだ。
まあ、山拓を責めても仕方ないか。これは任命した首相の責任だ。こうなったのは前にも書いたようにでたらめ外交のツケであり、相応の報いである。
郵政がどうなるかはわからないが、小泉政治の外交は破綻している。これを持ってしても、辞任に値するだろう。そろそろ人心一新で臨むべき秋(とき)だろう。
by garyoan | 2005-07-26 00:10 | 酔郷から

ユタとマルチビジネス

c0024167_19521239.jpgユタといえばモルモン教だが、同時に覚えておいて欲しいのはマルチビジネスのメッカだということだ。
ニュースキン、ニューウエイズはユタが本社。ニュースキンに至っては社長がモルモンの伝道部長に召されるほど密着している。
モルモン教はビジネス部門を宗教団体と完全に分離している。教団はこれらの会社の株を保有し運用している。
マルチビジネスが間接的にモルモン教を潤しているのである。
そんな、ユタ州からまた新しいマルチビジネスがやってきたようである。
Engevity(エンジェビティ)である。

商品やビジネスプランについていちいち批評するのもばかばかしい。
毎度おなじみのマルチビジネスだ。
皆さんは十分に注意をしてほしい。
by garyoan | 2005-07-25 19:52 | モルモン教