<   2005年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

今朝、この店に行った

巡査の車にひかれ女児重傷 大阪・豊中市の駐車場

今朝、コピーを取るためにこのお店に行ったところだった。(歩いて)
駐車場は出入りがしやすくて使い勝手の良いお店だとおもう。
怪我をされたお譲ちゃんが、一日も早く回復されるように祈りたい。

ただ、コンビニ全般に言えることだが、もっと駐車場をしっかり管理して貰いたいものだ。
車どうしの接触事故や、車上狙いなどに無頓着に過ぎるように思う。
同様に、アブナげな青少年が駐車場に溜まっているのも、注意をしないところばかりだ。

このあたりもう少ししっかり出来ないものか?
by garyoan | 2005-08-31 22:06 | 酔郷から

選挙公示、高槻にて

高槻で仕事があったので、辻元選挙事務所を覗いて来た。
中に入っていくといきなりボランティアのIDタグカードを渡しされかけた。
あわてて、「立ち寄っただけです」といって陣中見舞いのクッキーを渡した。
なんか活気があるもののやたらばたばたしている雰囲気だった。

「社民党のマニフェストはありますか?」

というと

「ありません」

との答え。しかたなくチラシを貰って立ち去る。
しばらく行くと民主党のひだ候補の事務所がある。そこで民主党のマニフェストを貰いに行くと、既に事務所の前にブックスタンドを設けてテイクアウトフリー状態になっていた。
政党の規模が変るとこうも違うのか・・・。
社民党、段取りが悪いぞ!

ところで、

辻元清美の出版記念サイン会が中止になったそうだ。

この会は、同書を出版した角川書店が主催して、島本町の長谷川書店さんで行われる予定になっていました。ところが、8月24日(水)夜、同書店を訪れた男性が、衆議院選挙に立候補予定の某氏の支持者と名乗ったうえで、なぜサイン会をするのかと難詰し、サイン会の当日はここで演説をするという脅しを行いました。
角川書店では、このような卑劣な行為を許すことはできないと確認したうえで、サイン会場の書店さん、お出でいただくお客様、著者に万一の危険が生じることを避けるため、サイン会の中止を決定されました。



どの候補の支持者か、本当に支持者かどうかも分からないが、本当に許すことの出来ない行為だ。断固たる措置を取って貰いたいと望んでいる。
by garyoan | 2005-08-30 15:53 | 酔郷から

ライバルはプリンスだそうだ

八代氏、無所属で出馬へ 自公の選挙協力崩壊
今日のニュースで妻が八代氏の行動に一貫性がないと、怒っていた。これは自民党執行部がダブルスタンダードをちらつかせた結果であることを説明した。妻は納得した。

以下記事引用
自民党から比例代表東京ブロックへの名簿登載を示唆されて、いったん出馬を取りやめ、小泉純一郎首相から「おれを信じてくれ」と励まされたことを明らかにした。
 さらに28日、小泉首相の「名代」が来て「支持率が低下しつつあり、全国から(郵政民営化反対派を公認する)特例は許せないという声が寄せられ、名簿登載はできない」と言われたことを打ち明けた。


あわせて私が、

「公明党の太田って対立候補は公明党、創価学会のプリンスらしいよ」

というと、妻は

「へ~。**さんの息子なんや!」

と屈託のない返事。いや、そうではないのだが・・・。しかし、この先入観。世間一般のあやしい宗教団体への見方をはっきりと示している、と思った。

私とすれば、この選挙区でプリンスが落選、犬死するのが望ましい。選挙協力の破綻が起きれば、神崎体制は終わりだろう。(大体、年金未納問題はどこにいったのか?)、
また、選挙後に公明党に変わって政界のキャスティングボードを握るのは「国民新党」「新党日本」という所謂小沢別働隊になるだろう。
自民党が公明党とくっついている理由はない。両者の蜜月の終わりも近いのでないか。
by garyoan | 2005-08-30 00:06 | 酔郷から

ソルトレークの市長

c0024167_22431741.jpgワシントンポストの記事から。
Anti-War Protesters Cheer Salt Lake Mayor

 モルモン教団はキリスト教右派とともに強固な共和党支持である。(とは言ってもモルモン教はキリスト教ではない)モルモン教の本山のあるユタ州は共和党の金城湯池である。
ところがユタの州都ソルトレークシティの市長であるロス・アンダーソン (Ross Anderson)は大変リベラルな民主党員である。
8月22日(月曜日)に大統領ブッシュが同市を訪問した際、ロス市長は2,000人の反イラク戦争抗議行動を実施したと言う。また、アンダーソン市長は京都議定書の批准をブッシュに勧めてもいる。アンダーソン市長は53歳の若さである。

この記事はユタの意外な数字を挙げている。現在住人の60パーセントが民主党党員であるという。しかし、大統領選ではやはりブッシュは71パーセントの高い得票率でユタを制しているのである。

ユタ州も変ったと言えなくもないが、それは非モルモン教徒の流入が増えているからだろう。では、モルモン教団は変ったのだろうか。アンダーソン市長は2度の離婚経験者で、既にモルモン信仰を失っているのである。
教団は変らないのである。

by garyoan | 2005-08-29 00:02 | モルモン教

利用するのか、されるのか

「北朝鮮」が選挙に影響も 6カ国協議、今週再開で
断片的な言葉とサプライズで命脈を保って来た小泉体制だが、ここに来てジョーカーがちらつきだした。
北朝鮮にすれば、小泉体制は与し易い相手であろう。ポスト小泉が誰であれ、現在よりも強硬になるのは間違いない。同じ自民党政権でも一気に安倍晋三まで若返ってしまうと最悪の状況になる。
選挙の動向をにらみながら、北朝鮮が小泉に助け舟を出すことになるのではないだろうか。かといって、拉致被害者の返還や問題解決に直結するレベルのものではなく、謝罪的声明を出すとか、拉致問題について話し合う用意をほのめかすという程度のものだろうが。しかしもし、選挙で小泉総理が窮地に追い込まれていれば、これは絶好の恩を売るチャンスになる。
記事では

拉致問題に進展がない場合、これまで北朝鮮への経済制裁発動を求めてきた拉致被害者家族会などは、発動に慎重姿勢を保つ小泉純一郎首相への批判を強めるのは必至。さらに同会側は「拉致問題を重要争点として議員を選んでほしい」と同問題を争点化する声を高め、成果を上げられない政府、与党は不利な戦いを強いられかねない。

と小泉首相サイドにとって悲観的な見方であるが、北朝鮮がそんなヘタを打つことはないだろう。選挙をチャンスと捉えて旨みを引き出そうとするだろうし、なんでもありの小泉総理はこれに乗るだろう。そして一発逆転を引き出すだろうし、この可能性は高いと思う。まさかとは思うが、選挙期間中に平壌電撃訪問などやりかねないのでないか。

そして、北朝鮮は恩を売った見返りに拉致問題の本当の解決はどんどん先送りしてしまうだろうし、見返りに所謂『人道援助』を受けることもうけるのではないだろうか。そうなったら、本当にいやな日本になってしまう。
by garyoan | 2005-08-28 18:42 | 酔郷から

天国?地獄?

<衆院選>民主の官僚の「政治任用」に霞が関の関心集まる
本当に出来るかどうか分からないが、画期的な公約だと思う。

プランは過半数獲得直後に局長級以上に「(政策の)基本方針に賛同・共鳴する人材を登用」し、「忠誠を誓えない職員は人事異動を行う」と明記。

役人さんが本当に国民の選んだ政治家の手足になってもらえるなら、役に立ってくれるなら少々の厚遇も国民は納得するだろう。

ところで、
民主は役人天国推進政党 武部氏が批判

と言うことだ。武部幹事長の言いようでは・・・

郵政民営化に関連し「既得権や無駄遣いを廃し、小さな政府にしようということ。反対する人は肥大化した政府、役人天国容認論で、民主党は役人天国推進政党だ」と批判した。

ということで、郵政反対→ちいさな政府反対→役人天国 と言う誠に稚拙な理屈なわけである。

両者の言い分を比較すれば、どうも民主党の公約は「役人天国」ではなく「地獄になる」と、私は思うが。

こういう点を見ると、自民党が党首討論から逃げ回る理由が見えてくる。
by garyoan | 2005-08-27 23:54 | 酔郷から

あんたこそ外来種!

「外来種、逃がさないで」 クワガタ人気で小池環境相
ええっと。つまり、外来のクワガタなどは、責任持って最期まで飼ってやれということか。
それって、とっても当たり前のことだと思うが・・・。
わざわざ、大臣が出てきて言うほどのことかと思ったら、この小池大臣が今回の選挙、東京にとっては外来種だった(笑)。

 「クワガタも候補者も外来種を大切にしてね。捨てないでね」

そんな(事前)選挙運動の一環なのだろうかな。
by garyoan | 2005-08-26 22:26 | 酔郷から

宗教がらみはもう結構

自公協力、過去最大に 学会票頼みが浮き彫り
若い頃、とあるミニ政党にかかわっていて、その政党から参院選の開票立会人を依頼されたことがある。束ねられた票をぱらぱらめくって無効票がないかどうかを見て行き、逆に無効票のなかに有効な票が紛れ込んでいかないかもチェックするのである。当然、自分の政党は無効票から有効票になるように一生懸命チェックする。他党の分は少しでも無効票がないか目をさらにするわけである。
当時は全国区があり、政党名を書くことになっていた。(党首名でも可)「自民」とか「社会」とか「共産」と書けば問題ないのである。フルネームを書く必要もなく、どこの党かが分かればいいのであり、たとえば「自」と書けば自民党。「社」と書けば「社会党」と「民社党」で1/2票分けると言うようなルールがあった。

で、その時にちょっと気持ち悪かったのが公明党票だ。有効票の多くが「公」とだけかかれたもの。中にはカタカナで「ハム」と縦になれべられたものもあった。「こうめい」というひらがなも有効であったが、「コメイト」というのもあった。また、無効票がハンパではなかった。どんな無効票かというと「学会」とか「ガッカイ」、「そうかがっかい」など。
お分かりだろう。政策も人物もない。すさまじい動員をかけているのである。
「選挙に行って『公』と書いて来い。『ハム』でもかまわない。とにかく行って書いて来い」
そんな世界なのである。宗教団体ならではの恐るべきパワーである。

同志社の森孝一教授によれば、創価学会の信者数は国民の10%に満たないという。そんな宗教団体が日本政治のキャスティングボードを握っている。
やはり森教授によれば、アメリカの宗教右派は18%である。この影響力のすさまじさは改めて述べるまでもない。

しかし、日本の創価学会の%はアメリカの宗教右派に比べて低くてもその影響力は決して劣らないと思う。それは、日本の選挙の投票率が低すぎるからだ。

いつまでも特定の宗教団体に日本の政治を左右させていて良いのだろうか?
その宗教団体はなにかと問題もあるのである。
影響力を排除することは簡単だ。もっと、皆が選挙に行けば良いのである。
だからやっぱり、選挙に行くべきなのである。
by garyoan | 2005-08-25 23:33 | 酔郷から

レンタル移籍

<新党「日本」>長谷川憲正参院議員が国民新党離党し、入党
どうも、政治もスポーツ化してきたなあ。
プロサッカーで言えば、レンタル移籍か・・・。サッカーの世界なら、選手にチームにもいいチャンスになることが多いから、良いのだが。部員の少ない野球部が他のクラブから部員を借りて試合にでる程度のはなしだろうなあ。
「数あわせ」を本人が認めているわけだから、理念や節度を言っても無駄だ。
以前、自民の総裁選で誰だったかが推薦人が足りないので、他の派閥から推薦人を借りて立候補するということがあった。それと同じ感覚でやっているのだから、どうしようもないだろう。
ましてや刺客とか九の一とか(テレビで福岡政行教授が刺客女性候補を『コイズミ喜び組』と揶揄していたが、適切だ!)と言う、政策抜きのゲーム感覚選挙ともなれば、こんな防御もまかり通るだろう。
確かに小泉首相のおかげで表向きは分かりやすくなった。「はい」か「いいえ」の単純な選択であり、問題をそこまで省略しきってしまって、人に提示するのである。今の世の中のひずみゆがみはそんな単純なものではない。
ひとつひとつを根気良くほぐして行かないと行けないのだ。
当然、その手法はややこしい。分かりにくくなる。
しかし、そこに「これさえやれば、万事解決!」と言う人物が現れて自信満々に語られると、つい人はそちらに賭けてみようと思ってしまう。

カルト宗教やマルチ商法にひっかかる人間がこれだ。
小泉政治の分かりやすさも来れと変らない。「郵政は改革の本丸」と言う。確かに改革は必要だが、「本丸」になんの意味があるのか?それから先の改革、たとえば年金、景気回復はサクサク進むのか?そんなはずはないだろう。「改革の是非を問う国民投票」とはまさに悪質な宗教団体(たとえばモルモン教)のよくやる論理である。だれも改革が不要とは思っていない。世間はいつでもどこでも大なり小なり改革が必要だ。答えは必ず「是」である。そして、「是」はわが方にしかないという。この二元論的論法にはまってはいけない。
しっかりと政策を考えて、選択をしなければならないと思う。
by garyoan | 2005-08-24 18:02 | 酔郷から

元祖9・11

c0024167_10373897.jpg
9・11といえば同時多発テロであり、今回の総選挙であるが、以前より記録にとどめておかねばならない、アメリカ史における汚点の日なのである。
それは、クラカワーが「信仰が人を殺すとき」でも書いている、マウンテン・メドウ大虐殺の日なのである。
1857年の9月11日、モルモン教徒はユタ準州を通過してカリフォルニアに」向う開拓者の一団を襲い、幼児を除く全員を惨殺したのである。教団はこれをネイティブアメリカンの仕業であると偽り、事実を隠蔽しようとして来た。

このマウンテン・メドウの大虐殺はわが国におけるオウムのサリン事件に匹敵する恐るべき事件である。
私のサイトに私なりに事件をまとめたもの、そして高橋弘教授の論文が掲載されている。
お読みいただいて、カルト宗教が引き起こす恐るべき犯罪について、考えて欲しい。
by garyoan | 2005-08-23 10:50 | モルモン教