<   2005年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ソネット大阪弁

 あんたちゅうひとは

辛気臭いひとやねえ
そんなに後ろばっかりむいて
あんたの背景が流れてる
せやから それが時間の無駄ちゅうの

 なんかなくしたんか
 そう思ってるだけちゃうか
 ほんまは最初からなかったんやて

たいがいイラチくるわ
もう聞きとうないわ あのことこのこと
明日どうしょうかもわからんのやろ
せやったら やめときほっときいや

 こっち来たらええやん
 僕おるんやで 知っとった
 とことんナンギなひとやねえ
by garyoan | 2005-12-11 00:11 | 酔郷から

スーパーサイズ・ミー

以前、お勧めをいただいていた映画スーパーサイズ・ミーをやっと見ることが出来た。
いやあ、面白かった、というかダイエットの励みになった。
途中からステッパーを30分間踏みながら見た(笑)。

映画では栄養士たちのほとんどが「マクドナルドを利用しない方が良い」と述べていた。もともと、マクドナルドにはほとんど行かないので私には影響はなかったのだが、まあ今後も利用する機会はもっともっと減るだろうな。
ジムのエアロバイクでは消費カロリーが絵で表示されるのだが、なかなかハンバーガーひとつ分のカロリーにはならない。おにぎりひとつよりもカロリーは高い。

人は簡単に太るし、健康を壊す。逆になかなか痩せないし、健康は維持しにくい。つらいものだと思う。

体調を壊してしばらく家事が出来なくなっているというおばさんの話だが、自分はおかゆで家族はマクド(関西風言い回し)が続いていると言う。家族は喜んでいるようだが、ヘタをすると家族の方が体を壊すかもしれないなあ。
by garyoan | 2005-12-10 17:56 | 私はやせる

入力ミスですか?

みずほ証券が大量注文ミス 巨額損失の可能性も
なんでも、61万円1株を1円61万株と言うミスらしい。
 「だれがやったんだ」
と会社は大騒ぎだっただろう。
私にすれば
 「だれがやるんやそんなアホ!」
と、言う感じ。
一般人はネット通販でもそんなミスはしないぞ。
みずほのシステムでは「確認画面」とかでないのか。
たかが61万円の取引。ほいほい「『はい』をクリック」して行ったのだろうか。
とにかく、昨日の市場は荒れていた。今日は沈静化の前に何か起きるかなと思う。
by garyoan | 2005-12-09 08:13 | 酔郷から

アップルパイを食べてしまったよ

仕事で芦屋に出かけた。
やっぱり芦屋は良いなあ。
大阪人である私には根本的に芦屋への憧れとコンプレックスがあるかもしれない。

出先に向かう途中になにやらおいしそうなケーキ店がある。
ちょっと覗き込むとアップルパイを初めとしたパイの専門店。


帰りに小(確か733円)を購入した。見るからに生地がさくっとしていて美味しそう。

店内には鯛の形をしたパイなど、面白いものが一杯だった。漫才のかつみさゆりの色紙も飾ってあった。
この店、芦屋カロルと言う。結構有名なようだ。

帰りにジムに寄る。しっかり1時間体を動かしてから、家に帰る。
バターの風味も嫌味なく、甘さも絶妙。りんご自体の味もしっかりしていて、大変結構だった。

体重計には明日の朝乗ることにしよう・・・。
by garyoan | 2005-12-07 00:02 | 私はやせる

疑惑の4回転

安藤美姫、4回転で真央に決着を!
既に週刊誌などで指摘されているが、安藤は本当に4回転を飛べるのか?というか、飛んだことがあるのかと言うことだ。
回っているが、全くの完成形であったことがないという。つまり、回りすぎの3回転半として、むしろ減点の対象になってしまうと言うのだ。

私は安藤のパーフォーマンスをすばらしいと思うが、4回転に期待しすぎではないだろうか?
4回転がなくても世界のトップクラスであることは既に認められているわけで、どうも期待と応援の方向がすこしずれているように思う。
by garyoan | 2005-12-06 08:32 | 酔郷から

でかい!究極のカール!

尼崎のコストコで見つけたジャンボサイズのカール。
c0024167_2237793.jpg


全長約50cm。
中は3つの子袋に別れている。
ひとつぶもでかい。口に一杯になる。口の中で思いっきり噛みつつ溶ける感覚がたまらない。

何よりこのカールおじさんの顔が素敵だ。

ところで、このカールおじさん。カールと共に生まれたのだが、いっときカールのイメージキャラクターから外れたことがあった。
キャラクターの権利は明治製菓ではなく別の会社が保有していて、その会社はカールおじさんを他で使用しようとしたが、上手く行かなかった。
また、お菓子のカールもおじさんのイメージを超えることが出来なかった。
結局、両者は元の鞘に収まり、カールはいまお菓子として不動の位置に。

カールおじさんは中年の復活の星でもあるのだ。
心して食べよう!
by garyoan | 2005-12-06 00:33 | 酔郷から

売る肉がありません!

ガンバ大阪がJ1を征した。
最後の最後まですさまじい優勝争いだった。
ナビスコ杯ではジェフ・ユナイテッド千葉に敗れ、野球の日本シリーズでは阪神タイガースも千葉ロッテに負けている。
ひょっとして今年の大阪は千葉が鬼門で、最後の最後にガンバもセレッソもこけて、またまた千葉に美味しいところを持って行かれるのかもしれないと思っていたが、ガンバが決めてくれた。

ということで、優勝記念セールをやっている焼肉店に家族で出かけようということになった。
出かけようを言う矢先、ニュースで店が超満員であると伝えていた。
そこで、念のため店に電話を入れた。すると、

「すみません。もう売る肉がありません」

とのこと・・・。
しかし、いまさら夕食のしたくも億劫だ。焼肉を食べるモチベーションになっているし・・・。

今、女房はスクーターでスーパーに肉を買いに走っていった。
by garyoan | 2005-12-05 19:17 | 酔郷から

モルモン教のお見合いサイト

c0024167_228096.jpgモルモン教団が「お見合いサイト」を運営している。LDSPromiseと言うサイトで入会はモルモン教徒限定である。30日間は無料サービスだが、正式に入会すると、1ヵ月サービス14.95ドル、3ヶ月サービスで39.95ドル、6ヵ月サービス49.95ドルと言う支払いが発生する。クレジットカードで決済する。
情報によると無期限登録なら円に換算すると8,000円少々というお得なコースもあるという。ある男性モルモンは地域の幹部指導者から紹介され入会したと言う。早速この無期限登録を行ったものの、ひと月近くまったく音沙汰がないそうである。(サイトのうたい文句には「200,000以上のマッチが最初の数週間で実現しました!」とある)
登録したこのモルモンの男性、「だまされたかも知れない」と思い始めているらしい。それはそうだろう。サイトの成功体験談は全部外国人のものであり、全部英語だ。大体、日本人のモルモン教徒が何人いるというのだろう。アメリカ人モルモンが日本人を交際の対象にするはずもない。というか、この手のサイトは存続自体も危なっかしい。もっと、冷静に考えて判断すべきだった。
大体、お見合いサイトを使わなくてもモルモン教の幹部連中は信者の独身男女どうしを結婚させようと一生懸命である。幹部に紹介を頼むだけで、何とか探しだそうとしてくれる。(もちろん無償)
だから、このお見合いサイトは信者対象の金儲けなのである。
モルモン教、まさに拝金主義宗教である。

ところで、性格判断のアンケート内容にケッサクなものがあったので紹介しておこう。

 モルモン書を100日以内に完読するようチャレンジされたらどうするか。
 神殿結婚に対しての考えは。
 家庭の夕べと家族の祈りは。
 教会で召しをもらったら。
 教会の出席は。


幸せな結婚とはあまり関係のない質問だと思うが・・・。
by garyoan | 2005-12-04 22:09 | モルモン教

ステーク会長に公開質問状

c0024167_6231532.jpg先にブログ開設でモルモン教団から脅しを受けた方が先日、モルモンの教区の代表者(モルモン教ではステーク会長と言う)から面接を受けられた。

私たちはこの面接に合わせて、今回の問題について、教団の考えを聞こうと言うことで「公開質問状」を作成、ブログ開設者さん(Mr.BIG氏)から、面接時に手渡してもらった。以下がその全文であるが、一部伏字とした。

*-*-*-*-*-*

             質問並びに申し入れ書

**ステーク会長 **様

                             勇気と真実の会

冠省
当方はモルモン教脱会者ネットワーク勇気と真実の会です。当会は
今回のMr.BIG氏(原文では本名)のブログ閉鎖問題について、貴職
に対して以下の通りの質問と申し入れを行います。本状は当会のし
かるべきインターネット上にて公開致します。貴職に置かれまして
は、回答を要する件には本状受領後15日を期限として、書面にてMr.
BIG氏気付けで回答を求めるものです。回答は同様にインターネット
上にて公開いたします。また、回答なき場合は回答できなかったも
のとしてその旨を公表いたします。

質問

1)今回問題とされたウエッブブログ「Mr.BIGの信仰日記」のいか
  なる内容が貴教団の宗紀評議会を開いて処罰を検討する原因に
  なったのか。その明瞭なる理由を述べられたい。
2)当該ブログは自主的に閉鎖されたが、それを持ってしても(Mr.
  BIGさんの本名)氏の信条、信教が変化するものではない。
  それは問題ないのか?また、今後も氏の信条、信教に対して圧
  力、あるいはそれに類する行為を継続するのか?
3)貴教団はカルト宗教団体として問題を持ちながらも、信教の自
  由の元、容認されている。しかし、その一方で貴教団は同様の
  基本的人権である表現の自由を宗教の名によって抑圧する。こ
  の点について、貴職は矛盾を感じないのか?また、良心に痛み
  を感じないのか?
4)モルモン教批判系インターネットサイトへのアクセス、インタ
  ーネット掲示板への投稿も貴教団の宗紀評議会召還の理由にな
  ると言う。既に当会とその関連サイトには多数のモルモン教徒
  がアクセスしている。当会の保有するこれらのアクセス者、掲
  示板投稿者の情報を貴職に提供すれば、貴教団はそれらを厳正
  に処罰するのか?もし、しないのであるなら、今回のMr.BIG氏
  への干渉は不当、不公正なものであろう。

申し入れ

1)宗紀評議会召還で善良な会員を恫喝する余裕を以って、むしろ、
  脱会者希望者に対する対応を誠意を持って迅速に行うこと。
2)今回のMr.BIG氏へのブログ閉鎖せよとの圧力は、未だモルモン
  教義を信じる家族に大きな悲しみを与えることになった。しか
  し、これは家族が悲しむ事を想定し、それによって氏が要求を
  飲まざるを得ない状況にするための卑劣な脅しであった。今後
  は誰に対してであれ、かかる非道徳的行為は厳に謹んでいただ
  きたい。被害のあるところ、当会はあらゆる手段をもってこれ
  に対応して行く所存であるので、銘記されたい。

以上、質問と申し入れを行った。
2005/11/30 勇気と真実の会 運営委員会


*-*-*-*-*-*

質問状は面接時11月30日に手渡され、Mr.BIG氏は回答を求めたが、ステーク会長は質問状は読むが回答は拒否する旨を述べた。
その理由は以下の通りである。

1)回答をすると言うことはステーク会長という要職にあるものが反モルモン団体とかかわりを持つことになるので出来ない。
2)回答をするとそれが、教会を代表する見解になってしまうのでできない。


と言う2点であった。

質問者が反モルモン団体であるから答えないと言うのは全くおかしな話である。反モルモンでなくても今回の事件には同様の疑問と憤りを持つだろう。質問の内容は一切関係ないのである。ステーク会長はこう言いたいのである。

「この種の質問者は全て反モルモンだ」

つまり、批判的内容のブログへの対応と今回の質問状への反応とは同じなのである。教団に都合の悪いものは断固反対する。しかし、相手によって処し方は違う。弱い立場のものに対しては脅したりなだめたり手練手管を尽くす。団体など一定の力のある相手には詭弁を言い訳で徹底的に逃避する。

また、教区の責任者(大体複数の市町村を管轄する、モルモン教の市長のようなものだ)が教団を代表する見解を述べれないというのもおかしな話しである。いわば「丁稚の使い」なのである。いや、丁稚の方がまだましである。この丁稚さんは厳しい質問に関しては「答えられない」というが、その一方で批判者には「宗教裁判に引っ張り出して、破門して、来世の救いを奪う」と言う強権を持っているからだ。

信者の自由な批判、意見表明、信条吐露に対して問答無用で宗教裁判と言う圧力を加え、信教の自由を持って信者を擁護する質問や申し入れは反対者と言うだけで無視する。こんな者を信仰者と言うことは出来ない。どこでも良い、他の宗教団体と比較してみれば良い。地域指導者とは言えこんななめちゃくちゃな指導者を持つ宗教はない。

今後もこの種の問題には厳しく対応して行こうと思う。なにもこのステーク会長ひとりに限ったことではないからだ。そして、ひとりでも被害者を少なくして行きたいし、未然に防ぎたいと思う。
by garyoan | 2005-12-02 06:38 | モルモン教