<   2006年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

WEB花見

忙しくて花見にもいけない私に満開の桜の写真データを送っていただいた。
9日の大阪南部の桜だ。
今日はすごい雨。桜も一気に終わってしまうかもしれない。そんな中、仕事で移動中、Birdの「さくら」を聞く。胡弓(?)の音と切ない歌詞がしみる。
c0024167_0124074.jpg

c0024167_0125597.jpg

喧騒も雑踏も
そぎ落とされて
フレームにおさまる 気品

あなたはひとときだと言う
だから人は騒ぐのか

通り過ぎるだけだからこそ
永遠を感じてはいけないか
あなたの前で黙ってしまうと
おかしいか

c0024167_013440.jpg

c0024167_0131613.jpg

by garyoan | 2006-04-12 00:13 | 酔郷から

怠慢だ。でも、良く分からない

c0024167_629227.jpgモルモン教からの脱会のお手伝いをしている。
さすがにカルト集団。なかなか、すんなりとは除籍してはくれない。少し前にこんなことがあった。
姉妹でモルモンだった方が姉さんの方が脱会を決意し、教団本部に脱会届を提出、これは比較的すんなりと処理された。続けて妹さんも脱会届けを提出した。ところがこれが2月経ってもなんの音沙汰もない。姉さんが本部に問い合わせると、妹さんの所属する教会の監督に脱会届は転送済みである、と言う。本部とすれば監督の決済がないと除籍できないというのだ。これもおかしな話であるが、モルモン教はそういう仕組みで動いている。
既に2ヶ月も経過しようとしているのにどういうことだ、と抗議すると、「監督さんもお忙しいのだと思います」との返事。要するに本部も、この監督の怠慢に迷惑しているのだ。「どうしてこちらがそんなクレームを受けないといけないのだ」と思っているのだ。
結局、本部の担当者はその監督の氏名と連絡先を姉さんの方に教えてくれた。姉さんが直接、連絡を取ると、「届けを止めていました。すぐに書類を送って手続きします」とのことだった。なんともいい加減なものだ。
そんな調子だから、口では言ってもちゃんとやってくれるか不安である。そこで、本部に連絡し「妹は留守がちなので、脱会処理が済んだら私に連絡して欲しい」と要請した。ところが、担当者がこう言った。
「あなたは既に脱会して、教会からの祝福を棄てられたのだから、そうした連絡をすることはできません。妹さんにだけ連絡します」
とのこと。
肉親が代理になって連絡を受けることは「祝福」とかとは関係ないと思うのだが、いったいどういうことなのだろう。
「モルモン教からの脱会は祝福だから、辞めた人間にはそんな良いニュースは教えて上げないよ」
そういうことか?
良く分からないが、どちらも怠慢である。
by garyoan | 2006-04-11 06:55 | モルモン教

渡部恒三と言う人

<民主党>挙党態勢と継続性に重点を置いた布陣
今回の民主党人事、上手いなと思った。表向き全員再任ではあるが、既にいわゆる松下政経ラインは排除されていたわけだ。衆院選惨敗後に作った執行部は挙党体制ということになっていたはずだから、再任しても挙党体制を作らなかったといわせる事も出来ない。
まあ、そんな事よりも渡部恒三氏が国対委員長を継続して勤めることになった。私は個人的にこれがうれしい。
渡部氏のエピソードでよく覚えているのは、辻元清美さんが秘書給与問題で裁判となったとき、被告人証人(辻元側証人)として出廷して、証言したことだ。
当時、衆院の副議長(出廷時には前副議長)であった彼が刑事被告人の証人になるということは大変なことだったろう。
彼は辻元さんからの証人依頼に対してこう言ったと言う
 「私も若いときから多くの人に助けられて今日までやってこられた。今度は将来のある若者を助ける役回りになったわけだ」と。

法廷で彼は「辻元元議員のしたことは悪いが、議員の秘書制度自体にも問題があることは否めない」と言う証言を行った。
秘書給与で騙された立場の衆院の前副議長が同情的な証言をしてくれたことは大きかったと辻元さんは著書で述べている。

請われれば立場を超えて、引き受ける。将にサムライである。

メール問題で執行部や永田元議員がぐずぐずしていた時、渡部氏は「サムライらしくしろ」と辞任辞職を促した。単に言葉だけではない。本物が言った言葉であるから重みがある。

今しばらく表舞台が続く、せっかくであるから存分に活躍して貰いたい。
by garyoan | 2006-04-10 22:09 | 酔郷から

カレーパン 温める?

先日、コンビニでコーヒー一缶を買ったときの話し。
前に並んでいた、小学生2名。カレーパンをひとりひとつづつのお買い上げ。
「**円です」と言うレジのお姉さんに、この子達。

 「温めてください」

と言う。店員さん

 「袋を少し切りますよ」

と言ってレンジに入れた。
温まったカレーパンを持って子供たちは出て行ったが、私にはほのかな疑問が・・・。
カレーパンって温めるものか?
温めて食べるものなのか?


ただ、それだけのことだけど。
by garyoan | 2006-04-08 17:47 | 酔郷から

花見の下見

と言うことで、花見の下見をかねてウォーキング。

登り口では寒緋桜が満開。
c0024167_14341972.jpg

例の場所はつぼみと言うよりも芽が吹き出した感じ。やっぱり、GWぐらいなのだろうか?
c0024167_14343225.jpg

山路はところどころヤブツバキが。
c0024167_14344193.jpg

by garyoan | 2006-04-07 14:35 | 私はやせる

百里ケ岳撤退

4月4日、仕事をサボって、朽木の百里ケ岳に行ってみた。
昨秋に芦生に行った帰り、「くつきてんくうの湯」への立ち寄り中に偶然登山口(百里新道)を発見し、機会を待っていた。そろそろ雪も程よいだろうと思い、先週高島市の観光協会に得rん楽したところ「雪は大丈夫でしょう。朽木のスキー場も終わりましたから」との事。ただし、電話の対応者が「百里ケ岳って、何処ですか?」と言っていたことには一抹の不安を覚えたが・・・。
さて、4日は早朝に自宅を車で出る。京都東ICで降りてそのまま湖西道路に入って、真野で降りて鯖街道(国道367号)に入るのだが、その直前に土砂崩れで通行止めの標識を発見。
そういえばニュースでやっていたが、まだ復旧していなかったのか。
急遽、湖西の161号線にルート変更。安曇川あたりから西進することにする。ナビは災害の通行止め情報を受信しているはずなのに、やたら鯖街道に入るように言ってくる。アホだ。無視を続けると安曇川近くでようやく、私の意図するルートを案内しだした。
朽木市場から南に通行止め箇所がある。そこを北にとって生杉方面へ。奥に進むにしたがって道路の脇に積み上げられてた雪が見えてくる。場所によっては2~3mもある。路面はほとんど乾いているが、ところどころ雪解けの水が舗装路を洗っている。川(北川)も雪解け水で増水しているのだろう、勢いが強い。

予定時間を45分以上オーバーして百里新道の登山口に到着したのだが、本当はもっと広いはずの駐車スペースが雪で覆われていたため、危うく通り過ぎるところだった。

c0024167_4153016.jpg

ちょっと不安を感じる。と言うのは、この週末は冷え込んだとはいえ、4月である。アイゼンを持って来ていないのだ。
とりあえず、身支度し、すこし腹ごしらえをして、登り始める。いきなりの急坂であるが、足元に雪はない。落ち葉が積もっていて、濡れていて滑りやすい。慎重に行く。
ガイドブックにあった通り、ルートははっきりしていて分かりやすかった。天気も良い。汗をかいて来たので、上のシャツを脱いで、Tシャツ一枚になった。
c0024167_4181466.jpg

調子が出始めた時に、目の前に積雪帯が出現。かなり深い。踏み場所によってはかなり沈む。そして、何よりもルートが見えない。テープを探すが、見当たらない。半そでで雪のなかをもがくのも一興と自分を励ます。あたりをつけて、ゆっくり進んでゆく。何とか雪を抜けると、ルートを発見。道標もあってもうひと安心。
c0024167_4164270.jpg

だが、その後も所々残った雪に不安を感じる。ルートを見失うほどでもなかったが踏み痕が全くない。踏み痕でもあればと思う。と、小さな足跡を発見。猪のもののようだ。確かにところどころに掘り起こした痕もあった。
登りを抜けるとややなだらかなところに到達。ここでまた広い積雪帯が出現。
c0024167_4174098.jpg

さっきより深い。しばらく、進んでは引き返しを繰り返したが、先が分からない。アイゼンがないのも決定的に不利だ。
悔しいが、撤退することに。登り始めてわずか45分だった。
自分の踏み痕をたどって戻る。午前10時30分頃。
c0024167_4184787.jpg


その後は予定通り(?)くつき天空の湯へ。駐車場の車の中で昼食を取って入浴。
入浴中にあとりえあんじゅさんからご招待をいただいていたことを思い、帰りに寄らせていただくことにした。
再び、湖西道路を走行して帰る。比良連峰を見上げる。それぞれが頂上部を雪化粧している。

夕食に朽木で買ったこんにゃくをあんじゅさんでいただいた伊勢の田楽味噌をつけて食べる。熊本の焼酎も飲んで、これはもう最高の贅沢。
by garyoan | 2006-04-06 04:19 | 私はやせる

花器のこと  

昨日の記事の花器。見れば見るほど良い。
今日の写真は昨日のアングルとは逆で撮影。
釉薬がなくて、むき出しの感じがまた良い。
c0024167_2371022.jpg

きみは支える 花を
地球に代って

きみは与える 命を
水を湛えて

きみは立つ 自ら
大地を凝縮し

きみは沈黙する 私に
長い炎をくぐって来たから

きみに語りかける 私も
それは きみがきれいだかから
by garyoan | 2006-04-02 23:07 | 酔郷から

花器を買う

私の友人で元ホテルマンで現在陶芸家をしている人がいる。
三田の山奥(失礼)に住み着いてSEIZAN窯という窯を作ってがんばっている。
今日、やっと一品を購入する機会を得た。
日用食器が希望だったのだが、ほとんど花器しか焼いてないと言う。
自然釉の長石の粒が表面についた、小ぶりのものを購入。

c0024167_1984639.jpg

スーパーでなでしこを買って、活けてみた。

時間を忘れて見とれてしまう。
by garyoan | 2006-04-01 19:10 | 酔郷から