<   2006年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

米子へ出張(?) その3

  あいにくの雨模様で大山登山はあきらめたが、あちこちをドライブして、皆生温泉のホテルに到着して、一風呂浴びる頃には雨も上がっていた。ホテル目の前の海岸線、遊歩道を散歩に出かけた。皆生温泉は日本のトライアスロン発生の地だそうで、記念のモニュメントが立っている。遊歩道を見るからにトライアスリートのかっこうをした人がジョギングしている。地元の人のウォーキング。浜辺では犬の散歩や魚釣り。
 浜辺に下りて振り返ると、大山がその名の通り大きい。向こうは雨なのだろう、色彩はなく、輪郭が浮かぶ。モノクロームの姿が荘厳さをましている。
 
c0024167_3325855.jpg

c0024167_3345646.jpg

c0024167_3382554.jpg
右大山、左が孝霊山

 大山の景色を堪能した後、部屋にもどり、灯りもテレビもつけず、窓から海を眺める。日中はあいにくの天気で左手に境港、美保関がおぼろに見えていたのが、暮れなずんで行くと泊まり灯が浮かび上がり、海岸線が明瞭になって行く。
 ただ、眺めながら、例の目玉親父の酒を飲む。結局、飲みつくしてしまったことはその1に書いた通り。
 すっかり暮れてしまってから夕食。そこでも飲んでしまい。汗を落とさずにそのまま寝てしまった。

 翌日は現世にもどって朝一番から米子で仕事。まっすぐ大阪にもどってまた、仕事。
 疲れを取るために自宅近くの日帰り温泉に行こうかと、まじめに考えた。
by garyoan | 2006-06-29 03:39 | 酔郷から

米子へ出張(?) その2

 「その1」で紹介した酒だが、肝心のことを書き忘れた。
 造っているのは「千代むすび」酒造と言う境港の酒造。
 こちらのサイトに。
 鬼太郎とねずみ男の商品写真もある。
 境港では「妖怪そっくりコンテスト」もあるそうだ。
 それと、「境港妖怪ジャズフェスティバル2006」と言うイベントも、参加ミュージシャンは「お祭り好きの陽気な妖怪」とのこと。こじつけっぽいが、なんか面白い。
 
by garyoan | 2006-06-27 07:58 | 酔郷から

米子へ出張(?) その1

 米子に行ってきた。先方のご都合で、26日の朝一番とのご希望であったので、前日からそっちらに向かうこととした。25日早朝に車で出て、大山に登ってやろうと思った。しかし、この季節、何度どこを見ても予報は雨である。大山の観光協会に電話しても、「25日は止めた方が良い。皆生温泉にでも行きなさい」と言われてしまった。
 登山はあきらめて下から見上げることにした。
 途中、ぶらぶらと立ち寄って、ついででも大山の登山口は確認。まあこれでいつ来ても大丈夫だろう。登山口にはものすごく大きな駐車場がある。こんなので良いのか?
 皆生温泉のホテルにチェックイン。海岸を歩いたり、暮れ行く日本海を眺めたり、贅沢な時間を過ごすが、それはまた別項で。
 で、ホテルのお土産物店で見つけた酒。
 c0024167_2130581.jpg
 境港の水木しげるワールドがこちらまで出張して来てくれているのだ。私は写真の通り目玉親父を購入。他に鬼太郎、ねずみ男の3種類があった。2,100円。酒自体は、普通の上撰レベルだそうで、「容器代ですよ。お土産と考えて購入してください」と売店の責任者もはっきりと言う。それも気に入った。
 少しだけ飲んで、ほとんどは持って変えるつもりが、部屋夜の海を見ながら、しっかり、全部あけてしまった。
by garyoan | 2006-06-26 21:30 | 酔郷から

たこぼうずもなか

 貝塚は林泉宝堂(はやしほうせんどう)のたこぼうずもなかを買って来た。
 あんこはたっぷり。でも、甘みは上品で大変結構でした。
c0024167_1341332.jpg

 値段もお手ごろ。
 貝塚のこの店にしか売っていないとのこと。
 近くに立ち寄った際は是非試してほしい。
by garyoan | 2006-06-24 13:41 | 酔郷から

やおい考

c0024167_22415810.jpg モルモン教に対する活動をしているとさまざまな人権問題にぶつかる。そのひとつが同性愛問題だ。モルモン教が同性愛を差別していることは既に私も述べたし、有名だ。私たちの脱会モルモンの仲間うちでも同性愛の問題はよく議論される。
 同性愛をどのように受け止めるかはさまざまな意見があるのは事実だろう。しかし、モルモン教の脱会にとってそれはまじめに受け止められていなければならないことは間違いない。現実、脱会者やシンパシーには同性愛者が実在する。

 この際、カミングアウトするが、私の親族にも同性愛者がいる。同性愛とどう向き合うのか、理解するのか。大きな宿題が課せられている。

 そんな私にとって大変ショックな出来事が以前にあった。それは私たちの反モルモン活動の仲間のひとりに、所謂「やおい」の作者がいたのだ。そのインターネットサイトを発見したのはほとんど偶然だった。作品に何気なく目を通した時の嫌悪感を私は忘れる事が出来ない。同性愛に対する偏見と誤解、揶揄と侮蔑に充満しており、これがともに同性愛を語り合って来た(少なくともその議論を聞いてきたはずの)人物の書くもものとは到底思えなかった。また、この人物は私の親族についても知りうる立場だった。嫌悪の次に私を襲ってきたのは脱力、そして、怒りと悲しみだった。
 単に無理解なマニアがおもしろおかしくやっていることなら、放置しておけば済むことだ。ところが、この人物は我々の中にいるのだ。厳重な抗議を行ったところ、そのサイトは即日に閉鎖された。
 
 その後、さすがに「やおい」は卒業したようである。理由には創作の基盤となる漫画の連載が終了したこともあるようだ。しかし、現在に至るまで、本人からは一切の釈明も行われていない。本人も何食わぬ顔で、「モルモンとは」を発言し続けている。以前にまして多弁である。私には、どうしても単に興味が移っただけにしか見えない。鼻白む想いでそれを傍観している。

 ところで、私にはどうして「やおい」なのか理解不能だ。いったいどんな人たちどんな世代の人たちががこの世界にはまっているのだろう。ネットの情報によれば多数が女性であると言う。若年層なのだろうか?思春期のころには、私も想像をたくましくして、ノートにたわいもなく、また、あらぬことを書き綴った経験はある。しかし、そうでもないようだ。私と同世代の人たちまでもがはまっているという。若いからかまわないということでもないが、見識あるべき世代が参加するにはあまりにも酷い世界だと、私は思う。
by garyoan | 2006-06-20 22:42 | モルモン教

「Latter Days」が上演される 

c0024167_1516337.jpg 以前BBS「ぜみなーるモルモン」で紹介した映画「ラターデイズ」(Latter Days)が、いよいよと言うかようやくと言うか、上演される。BBSでの記事はこちらこちらで。もっとも「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」と言うイベントでの上演であり、東京では2回だけの限定上演だ。
 同種のイベントは大阪でも催される。大阪は1回だけ。私は大阪の方に行くつもりだ。
 映画「ラターデイズ(Latter Days)」の公式サイトはここ。映画祭のサイト東京がここ。大阪がこちらである。

c0024167_0124696.jpg


 ロスアンジェルスでモルモンの男性宣教師がのゲイの遊び人と出会い、恋に落ちてしまう。宣教師は自分がゲイであることに気づき、恋心とモルモンの教えとの葛藤に悩んで行く。
 モルモン教では同性愛は大罪であり、破門などの処罰の対象となる。モルモン教傘下の団体には股間に電気ショックを与えてゲイを『矯正』しようと言うとんでもない団体もある。
 本映画の監督は元モルモンで、宣教師でもあった。そのおかげでモルモン教徒の生活、宗教裁判の法廷模様など相当リアルであり、モルモン教の実体を知る一助になろう。
 もっともこの映画の本線はラブストリーであって、モルモンのカルト性の告発ではない。男性同士のベッドシーンなどもあり、それらを不快に感じない方々には観賞価値は高いと思う。

 映画祭のチケットは東京が13日から、大阪は既に発売中である。会場は狭く追加公演はないので、お急ぎを!
  「ラターデイズ」自体は東京は7月15日 (土) 16:00~ と 7月17日 (月) 11:15~の2回。大阪は7月23日(日)19:00~の一回である。私は大阪の上映に行くつもりだ。
by garyoan | 2006-06-10 16:01 | モルモン教

パヴァーヌ

ほろ酔いを少し超えたぐらいで、ラヴェルを聞いた。

静かに 棺は 運ばれ
私の前に やがて 過ぎ
私も葬列につらなり 
つれられて行くのか どこかへ
ファゴット フルート
弦の ひびき
泣き女の声は 私には
むしろ やさしく やはり かなしく

やがて あらわれる 
やさしい 拒絶
ハープの音色

王女ではない きみはきみ
ただ 私に愛されただけの
市井のひと

楽は遠ざかり
気がつけば 私は残され
見送り ただ たたずみ
by garyoan | 2006-06-10 03:20 | 酔郷から

和泉葛城山へ(2)

c0024167_8234029.jpg石段の取り付きあたりから、どっと人が増える。塔原、蕎原方向から登ってくる人、車で山頂すぐ横まで上がってくる人とが集まっているからのようだ。
参道を登りつめると、葛木神社。そこを抜けると展望所。螺旋階段で一番上に。
時間が10時30分頃。ここまでおよそ2時間と言うところ。

展望はあいにくの曇空で良くはない。


c0024167_8255686.jpg

見下ろすとすぐ近くに駐車場と売店。便利だし、いざと言う時には安心なのだが、なんか嫌だ。
c0024167_8274440.jpg

コンロを出して「出前一丁」とおにぎりで昼ごはん。食後は簡易ドリップでコーヒーを飲む。
座り込むと展望が効かないのが残念。しかし、その分鳥の声がやかましい。バードウオッチャーの人たちが、双眼鏡を覗いている。

展望台を下りて、駐車場脇のトイレを済ませ下山を開始する。
下りは来た道を帰るのだが、ゆっくりとぶな林を歩くことにする。
c0024167_8364258.jpg

和泉葛城山域はぶな林の南限だそうだ。それもだんだん狭くなって来ていると言う。そのため周囲の土地を買い取ってぶなを守り育てているという。そのためか木道が組まれていて、勝手に張り込むことが出来なくなっている。
c0024167_8454498.jpg

ぶなの足元には見事な熊笹。
c0024167_846236.jpg


再び単調な舗装路に出て、「丁石道」を下っていく。ここはうっそうとした杉林。日がかげるとこれもまた良い雰囲気。
c0024167_8505668.jpg

この時間になると家族連れハイカーが登って来る。駆け上る。元気な「まちなさい」と子供についていくのが必死なお母さん。スーパーの売り場のようにはつかまらない。

帰りは滝道を通らず、「丁石道」を歩きとおした。
駐車場に戻ると、満車だった。早く来て正解だった。車から着替えを取り出して、BBQの匂いの中温泉へ向かう。700円に岸和田市以外の人は別途50円の入浴税が必要。季節がらかレストランは鱧を水槽に泳がせている。鱧鍋のコースが美味しそう。食べる予算も予定もなく、入浴して、コーヒーを飲んで帰路に着く。
by garyoan | 2006-06-06 09:01 | 私はやせる

和泉葛城山へ(1)

雪の季節に行くつもりだった和泉葛城、昨日ようやく登ることができた。
岸和田は「いよやかの郷」の駐車場に車を入れたのが8時30分頃。バーベキュー客が準備をしているなか、靴を履き替え、トイレを済ませて、出発。
大威徳寺の境内から、滝道に下りる。「いよやかの郷」内の遊歩道。
すぐに一の滝に出る。
c0024167_6431485.jpg

二の滝、三の滝はコースからは茂っていて良くは見通せなかった。
4番目は「錦流の滝」とちゃんとした名前がついているだけあってななかなかの名瀑であるが、後方の人口ダムが気になった。
c0024167_6583520.jpg

ダムの上流を渡って、「丁石道」に入る。八丁目地蔵が合流点に立っている。
ここからは木段で整備された道をひたすら登る。

c0024167_723559.jpg
駐車場では結構家族連れが見かけたのにコースでは出会う人がない。息が切れるが、周囲は静かだ。途中休憩を一度入れたほかは舗装された林道までほとんど一気に登る。
ここでお地蔵さんに励まされての登りは終わり。
単調な林道を山頂目指して歩く、途中から木道で保護された「ぶな林」内を歩く。
ぶな林を抜けると、蕎原、塔原からとの合流点に出る。石段の参道を上り詰めれば、山頂はすぐだ。
   (続く)
by garyoan | 2006-06-05 07:29 | 私はやせる